うなぎ鬼のネタバレと結末(ラスト)!試し読みやあらすじのまとめ

unagioni

この記事は約 7 分で読めます。



落合裕介先生と高田侑先生の作品のうなぎ鬼。

 

借金に苦しんでいた倉見勝は裏稼業を頼まれた。

 

その内容とは50~60キロのコンテナを
マルヨシ水産に運ぶというもの。

 

その中身は知らなくてもよく見なくていい
他へ持ち出してもお金にはならないという・・・。

 

コンテナの中身とはいったい何なのか――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【うなぎ鬼】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

うなぎ鬼を無料で立ち読み

 

うなぎ鬼のあらすじは?

 

ひと月前までは競艇場が勤務先だと言っていた倉見勝。

 

しかし友人や知人など借りられるお金は借り歩き
すべての人脈を失い一発逆転大作戦のために
消費者金融だけじゃなくサラ金にまで手を出した・・・。

 

そして保険があるじゃないかと生命保険で
借金を返せと言われたのです。

 

そんなとき助けてくれたのが今の社長。

 

倉見の仕事は借金の回収でしたが
最後はうまくいかずに怒られるのです。

 

そんな様子を同じ事務所で働く富田は笑っていて
倉見は富田が嫌いでした。

 

そんな2人のことを社長は買っていました。

 

倉見は取り立てについては飲みこみが早く
才能があると言います。

 

そして富田は天性のコマシで女にかけては
見込みがあると言うのです。

 

ある日、社長は事務所には来なくていいから
黒牟という駅で待っているから来いと言いました。

 

そこにはあの富田もいて3人で歩き
どこかへ向かって歩いて行きます。

 

そこは草木は枯れ何もかもが壊れかけていて
大量のカラスもおり薄気味悪いところ。

 

生臭く蒸すような熱気・・・。

 

その黒牟にあるマルヨシ水産には社長の弟がいました。

 

そして手が足りなくなったと手を貸すようにと・・・。

 

うなぎ鬼
うなぎ鬼

 

仕事の内容とは運送屋で臨時の特急便を
やってほしいというのです。

 

今の仕事をやりながらこっちもやれと・・・。

 

手当は一往復でひとり15万。

 

その金額に何を運ぶのかと聞きますが
余計なことは訊くなと指示通りに動けばいいと。

 

指定の場所でトラックに乗り込んで
マルヨシ水産に届けるだけ。

 

トラックに乗る前に荷台の箱を確認し
運んで来たら車をシャッターに横付けして
用意してある台車に50~60キロのコンテナを
転がすだけの小学生にもできる仕事。

 

しかしその中身を持ち出してもお金にはならないし
浦島太郎の玉手箱のように煙で白髪頭になる程度では
済まされないとも言われるのです。

 

そしてマルヨシ水産で働く3人を紹介されるのですが
特にその中の1人・秀の顔を見て驚くのでした。

 

更にその夜、中身の分からないコンテナを
15万の手当で運ぶ仕事をすることになるのです。

 

うなぎはたんぱく質なら何でも喰らう・・・。

 

でも箱の中身は彼らには関係のないこと――。

 

うなぎ鬼を読んでみる

 

サイト内より【うなぎ鬼】と検索。

 

BookLive

 

うなぎ鬼の1巻のネタバレとその後の展開は?

 

それから数回、富田の仕事を手伝わされている倉見。

 

富田の代わりに3度もさせられていましたが
借金があり別の手当てがもらえることに
ありがたいと思っていたのです。

 

そんな中、社長は倉見に変身しろと言って
床屋に連れて行かれるのですが
坊主な上に眉毛まで剃られてしまう・・・。

 

出来上がった姿は今までの倉見とは別人で
かなりおっかない姿になっていました。

 

社長は倉見の気が小さいのを身体で活かせと
印象で相手を喰らうために変身させました。

 

この身体でスキンヘッドに無表情でしゃべらない
笑わないとくれば眼力がある富田でも
勝負にならないと・・・。

 

そんな倉見にも奥さんがいました。

 

同級生だった朋子はみんなの憧れで
口も聞いたことがなかったものの
ヘルス嬢をしていると同郷の友人から知らされ
6年前に再会したのです。

 

倉見は朋子のいるお店に通いに通って結婚。

 

借金に追われるような日々を送り
目の下に隈ができたりして実際の年齢より
老けて見える彼女でしたがそれでも生活が安定し
顔色も良くなってきていてこれも社長のおかげだと
倉見は思うのです。

 

夜6時過ぎに富田の仕事を手伝いに行く倉見。

 

富田の仕事は援助交際希望の女子高生や
女子大生を管理する仕事。

 

客からの電話を受けたら指定のホテルまで
女の子を届けて約束の時間までに戻らなければ
電話を入れてつながらなければ速やかに確保に向かう。

 

そして数時間後富田と合流して黒牟の街へ・・・。

 

うなぎ鬼
うなぎ鬼

 

運送会社のトラックは話がついているものの
従業員に目撃されずに車だけ動かせという指示で
保冷車に荷物が積んであるのですがその荷台は
どんだけ冷やしてあるんだというほどの冷たさ。

 

うなぎのエサだとしても生きてはいないことだけは確か・・・。

 

途中にゴトンと音がしながらもなんとか
マルヨシ水産までたどり着き荷物を降ろすと
悲鳴のような声が聞こえてくるのです。

 

箱の中からと思う2人でしたが
それは追いかけられて逃げる少女の声。

 

しかも少女は2人が運ぶのをじっと見ていたのです。

 

無事に荷物を届けた2人は帰りのトラックの中で
今日の荷物はなんだったのかと話します。

 

富田はあの中身は人間だと言いそうでなかったら
こんなにお金をくれるわけないと言うのです。

 

その夜、倉見は今日のことはやっぱり犯罪なのかと
それに荷担してしまったのかと涙するのでした・・・。

 

ある日、捻挫してしまった富田の代わりに
車の運転をすることになった倉見。

 

そして援助交際をする女子高生や女子大生を拾うため
待ち合わせの場所に向かうのですがそこで倉見は
新しく入ったというミキに出会うのです。

 

彼女の微笑みは一日の疲れをすべて
吹き飛ばしてくれるような笑みでしたが
彼女との出会いが倉見の人生を狂わしていくのでした――。

 

うなぎ鬼を試し読みしてみる

 

サイト内より【うなぎ鬼】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態