風俗嬢になったワケ 5番目のドアのネタバレと結末そして感想は?

5banmenodoor

この記事は約 10 分で読めます。



めぐみ京香先生の作品の
風俗嬢になったワケ~5番目のドア。

 

ある出来事でぬかるみにはまりぬけだせなくなった女性のお話。

 

はまるはずがないと思っていたのにはまってしまうなんて…。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【風俗嬢になったワケ 5番目のドア】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

風俗嬢になったワケ 5番目のドアを無料で立ち読み

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアのあらすじは?

 

ぬかるみにはまって抜け出せなくなった由美。

 

それは由美が高校生のときに付き合っていた
5歳年上の彼が原因でした。

 

久しぶりに会えた彼氏の雅人。

 

仕事が忙しくてなかなか会ってくれず
やっと会ってくれた感じでしたが
食事をしているとこれからはもっと
会いづらくなるかもと言うのです…。

 

それは雅人の家はもともと貧乏で
父親のために借りた借金があり
それを返すために昼も夜も働くと…。

 

借金の総額はわかりませんでしたが
付きの返済金額は30万円。

 

だからしばらく由美にも会えないと言うのです。

 

由美は雅人に会えなくなるのはイヤだと
それなら自分も手伝ってあげると――。

 

借金が早くなくなればいっぱい会えるし
雅人を愛しているから何でもすると言うのです。

 

それは今思えば本当にあさはかでした――。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドア
風俗嬢になったワケ~5番目のドア~

 

由美は月30万の返済なんて普通のバイトでは無理と
テレクラや伝言ダイヤルで知り合った男性と
援助交際をして稼ぐのでした。

 

そして稼いだお金は雅人に。

 

雅人はお金を受け取るとこんな自分と付き合ってくれて
ありがとうと由美だけが頼りだと言うのです。

 

由美は雅人のために自分を安売りしていました。

 

それでも高校を卒業したらデパートの販売業に
内定をもらっていて雅人は就職祝いをしなきゃと
何が良いかと考え思いついたのは――。

 

雅人は由美をいい店を知っていると
ショットバーに連れて行くのです。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアを読んでみる

 

サイト内より【風俗嬢になったワケ 5番目のドア】と検索。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアのネタバレとその後の展開!

 

雅人が由美を連れて行ったのは
女性に人気のバーでした。

 

バーテンさんもみんな格好良くて
大人の世界って感じでした。

 

そして由美は初めて会員制のバーを知り
ツケというシステムなども知るのです。

 

世間知れずだった由美は全て大人の世界なんだと
酔いしれていましたがある日ショットバーに行くと
スタッフルームへ連れて行かれ…。

 

なんとツケが120万にもなっており
給料が入ったら払うと言う雅人でしたが
1ヶ月の給料でまかなえる額じゃないだろうと
殴られ蹴られる雅人を見るのです。

 

このままでは雅人が殺されると思った由美は
雅人の代わりに自分が何でもすると言うのでした――。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドア
風俗嬢になったワケ~5番目のドア~

 

そして連れて行かれた奥の部屋。

 

そこにはいくつかの謎の部屋があり
扉には1から5までの数字が書かれていました。

 

そして最初に入れられたのは1番の部屋でした。

 

ここで客の相手をしろというのです。

 

1番の部屋は集団Hの部屋でした。

 

4つのベットが病院みたいにカーテンだけで仕切られ
2枚だけカーテンが閉められておりその中からは
Hな声がもれていました。

 

そして由美もお客さんの相手をさせられるのです。

 

逃げたらヤクザみたいな男たちに何をされるかと
怖さのあまり抵抗もできませんでした。

 

お客からもらった5万は3万は店の分と取られ
残りの2万は由美の取り分だと…。

 

やっとお客の相手が終わり雅人と帰る由美。

 

雅人は自分のためにここまでさせてしまい
ごめんと謝りそんな雅人のため由美は
週3日このお店に通うこととなるのです…。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアを試し読みしてみる

 

サイト内より【風俗嬢になったワケ 5番目のドア】と検索。

 

BookLive

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアの結末は?

 

次に由美が案内されたのは2番目の部屋でした。

 

2番目の部屋は変態プレイの部屋。

 

そこでは玩具で責められ更には野菜。

 

いろいろなもので責め立てられ
最後は4人にまわされたのです…。

 

その日の受け取ったお金は6万。

 

だんだんと由美は知らない男と飲んで一緒にいたり
雅人のことなんてどうでもよくなっていました。

 

仕舞いにはデパートの販売員も辞め
3番目の部屋に行くのです。

 

3番目の部屋は複数プレイの部屋。

 

そこには中学の時の先生がやってきていて
由美には気づかなかったようですが
男性だけではなく女性とも相手をするのです。

 

5人の男女が欲望のまま本能をむき出しにして
頂点に達していく…。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドア
風俗嬢になったワケ~5番目のドア~

 

いつもと違う感覚の興奮が自分を覚醒させ
身も心もどっぷりぬかるみにはまるのでした…。

 

そして4番目の部屋は本番はない代わりに
口で相手をするというもの…。

 

1日に5~6人のアレを飲んだ日には
気持ち悪くて何も食べられない。

 

そのうち由美は自分でお客を呼び込むように…。

 

呼び込みをしたことで雅人ももしかしたら
呼び込みだったのではと思えてくる由美。

 

元カレにまんまと騙されて
深みにどっぷりはまっていました。

 

そんな中、由美はバレンタインに街に行きます。

 

街はキラキラしていて恋人たちもおり
由美は快楽と大金を得ましたが
普通の幸せな生活を失いました。

 

むなしくなった由美はお店から足を洗ったのです。

 

あれから15年――。

 

由美は2児のママ。

 

昔のことは口がさけても誰にも言えず
パートに通う毎日。

 

それでも時々気になることがあります。

 

それは最後まで入らなかった5番目の部屋。

 

いったいどんな部屋だったのか…。

 

よっぽど特別な部屋だったのではないかと思います。

 

もし今でもあのようなお店があるとしたら
誰かが快楽とお金を手に入れて
ぬかるみにはまっているかもしれないと
もしかしたら5番目の部屋でと由美は思うのでした…。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアを読んでみるならこちら

 

サイト内より【風俗嬢になったワケ 5番目のドア】と検索。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアの感想は?

 

由美は途中から雅人が呼び込みだったのではと
気が付いたような感じでしたが
私もそんな気がしていました…。

 

しかも父親が借金というのもきっと嘘でしょうね…。

 

夜の世界で働いたりしていると
よくそんな感じの話を聞いたりします。

 

キャバ嬢とかホストとかよく借金があるから
会う時間がないとか言ったりしますよね…。

 

特に女性は大好きな人のために
自分が稼ぐとか言ったりします…。

 

それにしても1~4までの部屋の内容は
結構衝撃的でしたね…。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドア
風俗嬢になったワケ~5番目のドア~

 

由美も5番目の部屋はなんなのか気になっていましたが
私もどんな部屋だったのかかなり気になります。

 

4番目であれだけ過激な部屋だったので
5番目は更にすごい感じがしますが…。

 

とりあえず由美は足を洗い普通の幸せを
手に入れることができて良かったです。

 

このまま子どもたちと一緒に
幸せな毎日を過ごせるといいですね。

 

風俗嬢になったワケ 5番目のドアを試し読みするならこちら

 

サイト内より【風俗嬢になったワケ 5番目のドア】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態