特攻の島のネタバレと感想に無料試し読み!片道切符を持たされて進む男たち


この記事は約 7 分で読めます。


佐藤秀峰先生の作品の特攻の島。

 

大東亜戦争も終局を迎えようとしていた頃
敗戦が色濃く見えてきた日本が選んだ方法は
人間魚雷による特攻だった。

 

行きの燃料しか持たない兵士たちは
何を思い何を憂い魚雷に乗り込んで行ったのか。

 

その真実に迫る――!!

 

 遺書、公開。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

【特攻の島】を無料で読む方法!

 

U-NEXTに登録するともらえる600円分のポイントを使えば
特攻の島や最新作などが無料で読めちゃいます!

 

しかも今ならU-NEXTに登録するとこんなにお得!

    ①70誌以上の雑誌や映画やドラマにアニメが31日間無料で見放題!
    ②最新作など電子書籍に使えるポイントが600円分プレゼント!
    ③さらに電子書籍や映像作品に使えるポイントが毎月1,200円分ももらえちゃう!

 

特攻の島を無料で立ち読み

 

特攻の島のあらすじは?

 

大日本帝国の兵士たちは
国のために死ねよと教えられ育てられてきました。

 

命を大切にすることは非国民のなせる行動であり
求められればいつでも死ぬ覚悟ができています。

 

そして、その覚悟が具現化してしまった人間兵器、回天。

 

回天は人間魚雷。

 

敵軍から遥か距離を取った位置より発射が可能であるため
敵からも見つかりにくいのです。

 

そして縦横無尽に操縦が可能であり
敵の戦艦がどのように動こうとも追尾することができます。

 

闇雲に進む魚雷と違い人間が自らの手で操縦することができ
確実に相手の戦艦にダメージを与えることができる兵器。

 

そしてその燃料は片道の分しか積まれていません。

 

つまり命をかけて爆弾を敵の戦艦に運ぶことが目的とされ
作り出された最終兵器。

 

出撃はすなはち死を意味しているのです。

 

そして当時の日本では自ら志願して
命を散らせることが最高の美学でした。

 

特攻の島
特攻の島

 

航空隊に志願したのはまだ幼い祐三。

 

父親は肺を壊し兄は身体を壊し
母とともに一家の大黒柱を担って生活をしていました。

 

国のために働くことができない兄と父は馬鹿にされ
一家はとてもとても貧しい生活を強いられていました。

 

そんな生活を打開するために
軍人になることを決意した祐三。

 

先頭の最前線に駆り出された彼は
ある極秘の任務があると聞かされました。

 

特別な任務の志願者100人を選出するため
立候補者を募るとのこと。

 

その内容は知らさせず手を挙げる若者たち。

 

その任務に選ばれ任務を遂行するための
島に連れていかれた祐三は
そこで人間魚雷回天に乗り込むという
内容を聞かされることになるのです。

 

命の損得勘定をしていないこの兵器を開発したのは
自分と年端の変わらない仁科中尉。

 

彼は何を思い何を感じてこの兵器を作ったのか・・・。

 

死ぬ怖さよりその謎に取り憑かれてゆく祐三は
仁科の人柄を通じて回天を理解してゆく!

 

その先に待っていた景色とは??

 

特攻の島を読んでみる

 

サイト内より【特攻の島】と検索。

 

女子大生と教授(と僕)のありがちな"

 

特攻の島のネタバレとその後の展開は?

 

戦局は思わしくなく最終手段であると告げられた兵器の回天。

 

しかし、その内実を知れば知るほど
欠陥品と言わざるを得ない兵器。

 

水深80m以上潜ると機体が水圧に耐えられず
潜水中は視界を見ることもできません。

 

海図を頼りに時間を測定し自分が現在どの辺りにいるのかを
計算しながら進まなければなりません。

 

当然、波の影響を受け敵船だって移動します。

 

片道切符しかないこの兵器は
場合によっては敵船にたどり着くことさえ
できない可能性を秘めていました。

 

犬死だけはしたくないと思う一方で
死ぬ意味を探し始めた祐三。

 

絵が好きだということ以外特に取り柄もない彼は
生きる意味も見いだすことができずにいました。

 

それならば命を終えるこの場所で
回天の中で生きる意味を探してみたい。

 

そう思い始めると気になりだしたのが回天を生み出したルーツ。

 

特攻の島
特攻の島

 

開発者の1人である仁科中尉に近づき
彼が何を考え何を感じて
回天を作り出したのかを尋ねたくなります。

 

すると仁科中尉に連れてこられたのは回天の中でした。

 

答えを得ることもできず乗せられた回天で
想像を絶するような経験をします。

 

そしてどうやら仁科中尉の陰には
整備中に殉職した黒木大尉の存在が
色濃く影響しているようでした。

 

国のために命を投げ出すこと
若き兵士に命を投げてさせることに
一縷の疑問も持たなかった黒木大尉。

 

彼に憧れ彼に近づきたいと思い
ともに回天を開発した仁科だったのですが
その死を目の当たりにして
自らの方向性を失いかけていました。

 

そこに現れた祐三に自らの心の闇を突きつけられるように
射すくめられてゆく仁科。

 

しかし2人は死を持って別れざるを得なくなるのです。

 

時代の波に飲まれゆく2人の男たちが出会い悩み
進みゆく先に見えてきたものとは――?!

 

特攻の島を試し読みしてみる

 

サイト内より【特攻の島】と検索。

 

特攻の島の感想は?

 

命の重さがわからなくなってしまう戦争で
片道切符を持たされて進む男たち。

 

死にたいとか死にたくないとか
そんな個人の感情は時代の波に飲み込まれ虚しく散ってゆく。

 

特攻の島
特攻の島

 

その様子を淡々としかし克明に描き出された本作。

 

祐三を通じてその無情さに触れ
改めて生きている意味を考えさせられました。

 

とても心に響く作品です。

 

特攻の島を読んでみるならこちら

 

サイト内より【特攻の島】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
寄生獣リバーシ
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

不朽のフェーネチカ 約束のネバーランド