戦国ヴァンプのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



ほおのきソラ先生の作品の戦国ヴァンプ。

 

ちょっと勉強が苦手な女子高生のひさき。

 

ある日幼なじみのはじめと勉強していた彼女は
謎の占い師の手引きにより
戦国時代にタイムスリップしてしまいます。

 

そこでひさきを助けてくれたのは
なんとあの織田信長でしたが・・・?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【戦国ヴァンプ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

戦国ヴァンプを無料で立ち読み

 

戦国ヴァンプのあらすじは?

 

ちょっと勉強が苦手な女子高生のひさき。

 

この日も幼馴染のはじめに勉強を見てもらっていた彼女でしたが
突如謎の手に引っ張られ妙な空間に引きずり込まれてしまいます。

 

この手は嫌だと別に伸びてきた手にこっちのほうがマシだと
本能で感じたひさきは咄嗟にそれを掴みます。

 

そうして目を覚ました彼女がいたのはなんと戦国時代・・・
京の権力者である三好長慶が彼女を助けていたのです。

 

状況が読み込めないひさきに
彼は今川義元が抱えている占い師が
君をこの時代に召喚したのだと説明します。

 

しかし人の心が読めるのだという
どこか不気味さを纏った長慶のことを信用できず
ひさきは屋敷から飛び出します。

 

戦国ヴァンプ
戦国ヴァンプ

 

とはいえここは戦国時代・・・。

 

現代の東京とは比べ物にならないほど物騒な世の中であり
ひさきは早速トラブルに巻き込まれてしまいます。

 

そんな彼女を助けてくれたのは
勉強が苦手なひさきでも知っているほど有名な戦国大名
織田信長とその家臣である豊臣秀吉と前田利家。

 

信長によって保護されたひさき。

 

伝え聞いていた恐ろしいエピソードとはかけ離れた
どこか天然で柔らかい空気すら纏っている信長。

 

ひさきは教科書とは全然違うと彼の人柄に
次第に惹かれていきます。

 

戦国ヴァンプを読んでみる

 

サイト内より【戦国ヴァンプ】と検索。

 

戦国ヴァンプのネタバレとその後の展開は?

 

少しずつ信長に惹かれていくひさき
しかしその最中再び賊に襲われてしまいます。

 

目の前で平然と刀を振り回し血を飛び散らせる彼らに
ひさきはパニックになってしまいます。

 

そのせいで賊に斬られそうになった
ひさきを庇ったのは信長でした。

 

思い切り背を刀で斬りつけられ
このままでは助からないことは明白な信長。

 

そんな彼を見て自分をここへ連れてきた
長慶なら助けられるはずだと
ひさきは秀吉らとともに彼の屋敷へ向かいます。

 

しかし長慶から告げられたのは意味深な言葉。

 

「助ける方法がないわけではないが、人間としては救えない」

 

その言葉に戸惑うひさきでしたが
秀吉たちは方法があるならなんでもいいと長慶に懇願
次の瞬間長慶は信長の首筋に牙を突き立てます。

 

戦国ヴァンプ
戦国ヴァンプ

 

そうして誕生したのは長慶の力で
ヴァンパイアとなった織田信長でした。

 

ヴァンパイアとなった信長に
餌として血を吸われてしまうひさき。

 

朦朧としていく意識の中、自分の知っているあの信長は
もう消えてしまったのだろうかと考えます。

 

吸血鬼になったせいで凶暴な一面を見せるようになった信長。

 

しかし人間だった時の記憶もしっかりと残しており
基本的には以前のような優しい姿を見せています。

 

二重人格のようになってしまった信長は
自分自身でも変化に戸惑っているようで
ひさきはその様子に心を痛めます。

 

しかし前の信長と何も変わっていないとひさきや秀吉は信じ
信長自身もひさきを尾張に連れて帰りたいと望みますが・・・。

 

戦国ヴァンプを試し読みしてみる

 

サイト内より【戦国ヴァンプ】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

戦国ヴァンプの感想は?

 

主人公が戦国時代へタイムスリップし
実在の戦国武将と出会い・・・
という歴史トラベルものの少女漫画になります。

 

そのうえヴァンパイア、人狼、二重人格などなど・・・
中高生くらいの女の子が好きそうな要素が
とにかく色々詰め込まれています。

 

連載誌がARIAと聞いてなるほどという感じでした・・・。(笑)

 

イラストが綺麗で出てくる登場人物も美形ばかり。

 

女の子キャラもかわいくて癒されます。

 

時代物の乙女ゲームを楽しんでいる感じですかね
逆ハーものなんかが好きな人にはたまらないと思います。

 

戦国ヴァンプ
戦国ヴァンプ

 

やや設定が渋滞している感はありますが
漫画にすると性格がワンパターンになってしまいがちな
歴史上の人物を色々な方法で解釈して
キャラを作っている点はなかなか面白いなと思いました。

 

こういう性格の織田信長が登場する作品は
いままでなかったのではないでしょうか?

 

少女漫画なので物凄くグロテスクな描写はありませんが
段々と味方サイドだった人が死んだりと不穏な雰囲気に・・・。

 

時代が時代なためこの先どうなっていくのか
気になるところですね。

 

形は違えどなんとなく史実とつじつまをあわせているので
そういうことなのかなと思いながら読んではいますが・・・。

 

今のところひさきは信長と良い雰囲気なので
一体どうなることやらです。

 

今はまだあまり巻数も出ていないので
気になる方はいまのうちに
チェックをしておくことをおすすめします。

 

戦国ヴァンプを読んでみるならこちら

 

サイト内より【戦国ヴァンプ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。