ボールルームへようこそのネタバレと感想!アニメの原作の試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



竹内友先生の華やかな社交ダンスをテーマにしながら
若いダンサーらの熱い青春群像を描いた作品の
ボールルームへようこそ Sweep over the Dance hall.

 

将来の夢も希望も趣味さえ持たずにいた
平凡な中学生・冨士田多々良。

 

そんな彼がある日のこと。

 

ひょんなことで知り合った強面な男・千石に
社交ダンスへと誘われ
競技ダンスの魅力に惹かれてしまうのです。

 

さまざまな大会とパートナーを経験し
ライバルと争う中、徐々に実力をつけてゆく多々良。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ボールルームへようこそ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ボールルームへようこそを無料で立ち読み

 

ボールルームへようこそのあらすじ!ダンスに懸ける青春の物語

 

平凡な中学生・冨士田多々良は将来の夢や
やりたい事が見付からず中学3年になって進路も決められない
そんな無意味な日々を過ごしていました。

 

そんなある日、不良らにカツアゲされていたところを
謎の男・千石要に救われます。

 

千石は強引に多々良を自信が所属する
「小笠原ダンススタジオ」へ連れて行くと
社交ダンスの魅力を語るのです。

 

家に帰り千石の踊りをDVDを見た多々良はその洗練さと衝撃に
すっかりダンスの世界に魅了されてしまいます。

 

ボールルームへようこそ
ボールルームへようこそ

 

僕は変らなくっちゃとそう決心した多々良は
自らが強く望んでダンスの世界へと飛び込むのです。

 

千石のように踊りたいと語る多々良に千石は
いいと言うまでダンスの基本ステップである
ボックスを続けるように言い渡します。

 

プロとアマのその違いを解らせたかった千石でしたが
朝目覚めるとそこには辛いはずの基本練習を
一晩中続ける多々良の姿が――・・・。

 

社交ダンスに己の全てをぶつける多々良の成長物語。

 

ボールルームへようこそを読んでみる

 

サイト内より【ボールルームへようこそ】と検索。

 

ボールルームへようこそのネタバレ!花と額縁

 

ダンサーとしてはまだまだ未熟な多々良は技術面だけではなく
体力や経験なども他のダンサーらと比べ劣っていました。

 

そんな彼でしたがパートナーである女性の様子を汲み取ることや
何より彼女たちの魅力を最大限に引き出す力に長けていたのです。

 

これは男女で競技を行う社交ダンスで最も重要な
「花と額縁」と呼ばれる考え方でもありました。

 

花と額縁とは男性がパートナーである
女性の魅力を際立たせるように踊る形を指します。

 

しかしある意味で自己主張の塊である
ダンサーにとってこの考え方は頭ではわかっていても
なかなか難しいものでもありました。

 

ところが多々良はそれを十分に発揮するどころか
周囲が驚くほど自身の存在を埋没させてしまい
パートナーである女性を
見事なまでに“花”にしてしまうのです。

 

ボールルームへようこそ
ボールルームへようこそ

 

また前述したようにダンサーとしての経験値が
圧倒的に乏しい多々良ですので
自分が持つステップやダンス構成の数は
大変少ないうえ出来ないものばかりでした。

 

ですがまるでそれらをカバーするように
多々良の観察眼は大変優れていたのです。

 

長らく目の不自由な祖母のためにと
テレビの相撲中継を解説していたことで
相手や状況を汲み取る能力が磨かれます。

 

それは目で見た動きを瞬時に捉え相手ダンサーの
レッグ・モーションを瞬時に真似する事も可能でした。

 

さらに何時もオドオドとした性格ですが
ダンスホールに足を踏み入れれば強気な面を伺わせ
緊張で震えてはいても曲が流れると同時に
ダンス競技者としてのスイッチが入るのです。

 

こうして多々良は雫など様々なパートナーと踊るうちに
経験を重ね兵藤らライバルの存在や争う中で少しづつ
ダンサーとして研磨されて大きく成長してゆくのでした。

 

因みにタイトルにも使われている「ボールルーム」とは
ホテルなどの舞踏室を指しますが
この言葉が入って来たばかりの日本にはその概念が無く
その為“社交場”とも訳されています。

 

そのため日本では男女がペアとなって
ダンスを行う事を「社交ダンス」と呼ぶのです。

 

ボールルームへようこそを試し読みしてみる

 

サイト内より【ボールルームへようこそ】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

ボールルームへようこその感想!15歳の少年の決意

 

主人公の多々良の家庭には母親はおらず
父親と目の不自由な祖母との3人暮らしです。

 

そんな生活の中、将来の夢や趣味を持たない彼は
ダンスと出逢いますがそのレッスン料や衣装代は
かなり高価なもので家の状況を考えると
二の足を踏んでしまいます。

 

一見華やかに見えながらもダンスが大変厳しく
難しい事を知る多々良ですがそれでも憧れや
自分もこうなりたいとの思いを止める事は出来ません。

 

ボールルームへようこそ
ボールルームへようこそ

 

ある意味でいじめられっ子であり周囲に埋没していた
ひとりの少年がダンスと出逢ったことで
自身の夢や才能に気付かされるのです。

 

またライバルであり多々良が目標とする
天才ダンサー・兵藤清春の存在も
この物語を大きく盛り上げ動かします。

 

この『ボールルームへようこそ』は社交ダンスを題材としていますが
間違いなく「熱血スポ根漫画」に分類されるであろう作品なのです。

 

皆さんもこの作品を読んで競技としての社交ダンスの魅力や
そして多々良たちダンサーさの熱い思いを感じてみて下さい。

 

ボールルームへようこそを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ボールルームへようこそ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。