僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件のネタバレと結末!感想や試し読みにあらすじも

bokuwokorosanaide

この記事は約 10 分で読めます。



外崎コウ先生の作品の僕を殺さないで!~難病児虐待殺人事件~。

 

難病を抱えた息子を持つ母親は
ある日、出会い系で知り合った男と再婚。

 

しかしその子は再婚相手の男になつかず
男はイライラし次第に虐待をするように・・・。

しかも母親も男に捨てられたくないため
一緒に虐待をするようになり
飢餓と暴力を受け続けた息子は――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【僕を殺さないで】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

ママ殴らないで 躾という名の虐待のネタバレと結末!感想や無料試し読みも

2016.11.18

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件のあらすじは?

 

仕事も決めず洗濯物も取り込まずに
携帯ばかりいじっている母親。

 

彼女の名前は浅田智子。

 

生活の態度の怠慢さといい加減な性格から
離婚されて実家で暮らしていました。

 

そのため仕事から帰った智子の母親には
何もしないことを文句言われる毎日。

 

それでも智子は息子の武の世話があるから
母親のパートと重ならないようになんて
難しいと武のせいにする始末・・・。

 

仕事なんていくらでもあるのに
そんなことを理由に仕事をしません。

 

一日中携帯をいじっているため
母親には払ってやらないとまで言われ
携帯を止められたら彼氏の恭介とメールが
できなくなると困るのです。

 

智子はA県にある実家で暮らしていましたが
Y県で暮らす山中恭介と出会い系サイトで出会います。

 

お互いにバツイチで意気投合するものの
離れたところに暮らしているため
メールや電話でお互いの関係と心を
進展させていきました。

 

そして実家での居心地の悪さもあり
恭介に自分のところで一緒に暮らさないかと言われ
恭介のいるY県で暮らすことを決めたのです。

 

しかし智子には一人息子の武がおり
武士と離れたくないから武も一緒にと・・・。

 

難病を持っていることから少し考える感じの恭介ですが
智子は薬を飲めば普通の子と変わらないと説明し
連れてきてもいいと言ってもらえたのです。

 

3人で幸せに暮らそうと話す智子と恭介。

 

寝ている武に智子は新しいパパができるかもしれないと
良かったねと嬉しそうに話すのでした。

 

智子の一人息子である武の病気。

 

それは先天性多尿腎臓不全。

 

おしっこの調整がきかない難病ですが
おもらしもしないようにトイレにもちゃんと行って
とてもいい子でした。

 

実家で暮らしていたときまでは――。

 

その後、ついに智子は親にも内緒で武を連れ
恭介の元へ出て行ってしまったのです。

 

当然、智子の父親は親に黙って出ていくぐらいだから
ロクでもない男に決まっていると怒り出し
捜索願を出して武だけでも連れ戻すんだと・・・。

 

その頃、智子はというと・・・
武を連れ恭介のいるY県にいました。

 

やっと会えたと嬉しがる2人をよそに
武だけは嬉しそうではありません。

 

恭介に男同士仲良くやろうと笑顔で言われても
あいさつもせずに嫌がるのです。

 

最初はテレているのかと思う智子と恭介でしたが
数日が過ぎても武はなつきません・・・。

 

武の大好物のシチューを智子が作っても
シチューは嫌いだと食べようともしないのです。

 

そんな武の様子についに恭介が大声を・・・。

 

そして甘やかしたらわがままな子に育ってしまうと
ここにきてから一度も自分のいうことを聞かないと
智子に文句を言います。

 

今まで素直な子だったのにと一緒にご飯を食べようと
智子が誘って一緒には食べるのですが
恭介のことをじっと見たりしていることで
更に恭介をイライラさせてしまいます。

 

そしてシチューをこぼしながら食べたことで
恭介のイライラはピークに達ししつけだと言って
武に暴力を振るうのです。

 

最初の暴力は手の甲をギュッとつまむというもの。

 

これは虐待ではなく上手に食べられないから
罰を与えていると言います。

 

最初は恭介がすることに止める智子でしたが
しつけだって体罰は必要でそれができないなら
一緒に暮らせないと言われたことで
ついに智子も武に――・・・。

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件を読んでみる

 

サイト内より【僕を殺さないで】と検索。

 

BookLive

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件のネタバレとその後の展開は?

 

今まで自分にバカなんて言わなかったのに
そして恭介に嫌われないようにいい子にしつけなきゃと
ついに智子も武に虐待を加えるのでした。

 

それからというもの智子は何かあるたびに
武に虐待をくわえるようになります。

 

その日は冷蔵庫のものを武が勝手に食べたと
意地汚いと言って怒り布団叩きで
体をバシバシ叩いていました。

 

ご飯が欲しいと言う武。

 

その武の顔は虐待を受けるまでの顔とは別人のよう・・・。

 

ご飯もロクにもらえていないようで
やせ細っていました。

 

武がそんな姿になっても悪い子だからと
智子はご飯をあげないのです。

 

そしてお腹が痛くおしっこをするために
トイレに行こうとする武でしたが
体がフラフラでうまく歩くこともできず
部屋の中でおしっこをしてしまいます。

 

すると帰ってきた恭介は小便小僧と言って
エアーガンで撃ったり吸っていたタバコを
顔に押し付けたりするのでした。

 

そして小便臭い部屋でご飯なんて食べられないと
智子と2人外に食べに行くのです。

 

2人がいなくなった後の部屋では
おじいちゃんやおばあちゃんに会いたいと
フラフラしながらも武はなんとか
部屋から逃げ出そうとしていました。

 

しかし逃げられたら困ると思って急いで戻ってきた
智子と恭介に見つかってしまい
逃げられないように手足を縛られてしまうのです。

 

そして何を殴っているのかもわからなくなるほど
智子は武を棒で殴り続けます。

 

一方の恭介も武が動かなくなったことで
生きているか確かめるためにダーツの矢で
武の体を刺してみます。

 

痛くて反応を示したことでいい的だと言い出し――。

 

場所は変わり山で穴を掘る智子。

 

なんと武が死んでしまったことで
恭介に山に埋めて来いと言われ
埋めようとしていたのです。

 

自分たちのしたことがバレないように
わからないように気づかれないようにと
ちゃんと埋めなくちゃ
私たちの幸せのためにこれでいいんだと・・・。

 

犯行後も2人はなんら変りもなく
アパートで生活を続けていました。

 

しかし家出をしてから2ヶ月ほど経った頃
智子の両親がアパートにやってきて
智子を見つけました。

 

ですがそこには武の姿はありません。

 

武のことを問い詰められた智子は
突然逃亡してしまいますがその2ヶ月後
I県の風俗店で働いているところを
保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。

 

そしてついに虐待事件は明るみに出たのです。

 

留置所では武の姿が見えるのかそこにいるのかと手を伸ばし
抱こうとしている智子の姿が・・・。

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件を試し読みしてみる

 

サイト内より【僕を殺さないで】と検索。

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件の感想は?

 

生活の態度の怠慢さといい加減な性格から
離婚されてしまった智子。

 

実家での生活も何もせずに携帯ばかりで
ダメな感じの女性でした。

 

それでも武にとっては良い母親だった様子。

 

出会い系サイトとはいえ知り合った恭介と
本当に幸せになりたいと思っていた智子は
難病であるわが子と離れたくないと
恭介を説得し今度こそ幸せになろうとしました。

 

武が恭介になついていればまた違ったのかもしれませんが
なつかなかったことで恭介はイライラしてついに虐待。

 

しかも智子は我が子を最初は守るものの
恭介に捨てられたくなくて
一緒に虐待をしてしまいました・・・。

 

今まで家のことは何もしなかった智子が
料理をしたりして幸せになりたかったのは
読んでいてすごくわかりましたが
それでも虐待を黙認するだけでなく
一緒に行ってしまったのはありえないですね・・・。

 

いくら発達が遅れているとはいえ5歳ぐらいなら
母親を知らない人に取られたという
気持ちもあるでしょう・・・。

 

ずっと母親といたのならなおさら
知らない人にすぐにはなじめないはず。

 

母親なら相手に捨てられても
我が子を守って欲しかったです。

 

失ってみて初めてもう抱きしめてあげられないと
気付いたようですが気づくのが遅すぎます。

 

そしてこんな悲しい結果になる前に
おじいちゃんやおばあちゃんが
武くんを見つけてほしかったです。

 

僕を殺さないで 難病児虐待殺人事件を読んでみるならこちら

 

サイト内より【僕を殺さないで】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態