うどんの国の金色毛鞠のネタバレと感想!アニメの原作を無料試し読み

udonnokuninokinirokemari

この記事は約 7 分で読めます。



篠丸のどか先生による作品の不思議な子供とのほっこり生活を描いた
『うどんの国の金色毛鞠(けまり)』。

 

香川の田舎に帰った主人公が小さな子供に振り回されるちょっと不思議な物語。

 

香川を舞台にしているためかわいらしいキャラクターがラッピング電車を飾ったり
香川でのイベントポスターや観光大使なども担っています。

 

またその人気からアニメ化も決まった作品です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【うどんの国の金色毛鞠】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

うどんの国の金色毛鞠を無料で立ち読み

 

うどんの国の金色毛鞠のあらすじ!うどんとかえるが好きな不思議な男の子

 

物語の舞台は瀬戸内海の臨む四国のひとつ香川県。

 

30歳で独身で彼女もいない主人公の俵宗太は俵製麺所の息子でしたが
うどん屋を継ぐのが嫌で東京に出てウェブデザイナーをしていました。

 

ですが父親が亡くなったことで製麺所は廃業してしまいます。

 

そんなある日のこと実家へ遺品整理のため帰省した宗太は
製麺所のうどん釜の中で眠る小さな男の子を見つけます。

 

何事かと驚く宗太でしたがおなかを空かせている男の子に
うどんを茹でてあげようとしますがその子は生のまま喰らい付くと
うどんに対し並々ならない執着を見せるのでした。

 

迷子かと思い警察に届けようとする宗太は雨が降っているからと
男の子にレインコートを着せてから出掛けます。

 

ところがその道すがら観光客らしき男女に実家のうどん屋を尋ねられ
触れられたくないことを聞かれてしまうのです。

 

うどんの国の金色毛鞠
うどんの国の金色毛鞠

 

辛そうな宗太の様子に男の子が気付くと
繋いだ手を振りほどき突如その観光客へと飛び掛るのです。

 

ところが宗太が押さえ込むその男の子の頭とお尻には
普通の人間には無いものが2つも生えてきて・・・。

 

自分の本能が“見られてはいけない”と言っているのを感じ
宗太は大慌てで男の子を小脇に抱えながら逃げ去るのでした。

 

後に不思議な男の子に「ポコ」と名づけると宗太は
不器用ながらも“子育て”しながら一緒に田舎暮らし始めるのです。

 

やさしくゆっくり流れる故郷の風と時間の中で
父親への後悔の念を抱いていた宗太がポコの行動に
毎日ハラハラしながら一緒に成長をしていく物語。

 

うどんの国の金色毛鞠を読んでみる

 

サイト内より【うどんの国の金色毛鞠】と検索。

 

うどんの国の金色毛鞠のネタバレ!ポコの正体と宗太の決心

 

実家のうどん鍋の中で眠っていた不思議な子供・ポコ。

 

うどんへの並々ならない執着心を持ち近所のおばあさんの話では
製麺所の近くでは前から見掛けられてもいたようでした。

 

そんな不思議な存在のポコは何気ない観光客の言葉に宗太が傷付くと
その様子をいち早く察知し観光客へとつかみ掛かろうともしてくれたのです。

 

ところがそれは人の子供の姿をしていながらも頭の上に丸い「耳」を出し
お尻からはフサフサな「しっぽ」を現していました。

 

実は宗太が出逢ったポコの正体は
「たぬき」が人間へと化けたものだったのです。

 

うどんの国の金色毛鞠
うどんの国の金色毛鞠

 

ですがそんなポコと暮らすうち少しづつですが
宗太の考えや生き方が変っていきます。

 

実家の遺品整理を終えた後、戻るつもりだった
東京のウェブデザイナーの会社を辞めると宗太は香川で
フリーのウェブデザイナーをしながらポコと暮らします。

 

周囲の人々にポコがたぬきであることを隠しながら
宗太とポコのほのぼのとした生活が始まるのでした。

 

うどんの国の金色毛鞠を試し読みしてみる

 

サイト内より【うどんの国の金色毛鞠】と検索。

 

BookLive

 

うどんの国の金色毛鞠の感想!父親への後悔と小さな子供への思い

 

この『うどんの国の金色毛鞠』は香川の自然と人々のやさしさに包まれた
宗太とポコの“擬似親子ごっこ”ではないかと思われます。

 

主人公の宗太は子供の頃に実家がうどん屋であることを
友達にからかわれ、それを切っ掛けにうどんやうどんを作る父親に対して
反感に似た感情を持つようになってしまうのです。

 

職人気質であった父親とは余り話すことが出来なかったらしく
宗太と父親の溝はどんどん深くなってしまいます。

 

そして父親の死により親子は和解することなく終わったように見えました。

 

ですが宗太はポコを通して父親の思い出や
幼かった頃の自分の記憶を追体験のように甦させるのです。

 

うどんの国の金色毛鞠
うどんの国の金色毛鞠

 

小さなポコの手を引く行為に幼い頃の父親と自分の姿に重ね合わせたり
ポコを心配する中で親の気持ちを思い返してみたり。

 

本当は父親が作るうどんが大好きだった子供の頃を思い出しながら
今ではそれを食べらくなった現実を思い知ります。

 

そして心の底では父親が作るうどんもそのうどんを作る
父親も大好きだったことに気付いたのかもしれません。

 

香川の土地が讃岐の味が方言を話さなくなった宗太や
私たちにノスタルジーを与えてもくれるのです。

 

天真爛漫で可愛らしいポコとどこか懐かしい
香川の町とが描かれた『うどんの国の金色毛鞠』。

 

読んでいるうちにきっと皆さんも無性にうどんが食べたくなってしまいます。

 

うどんの国の金色毛鞠を読んでみるならこちら

 

サイト内より【うどんの国の金色毛鞠】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態