悲しみの骸のネタバレと結末!あらすじや試し読みのまとめ

kanashiminomukuro

この記事は約 10 分で読めます。



庄司陽子先生のコミックの
悲しみの骸~Uterus子宮~。

 

波乱万丈の人生を過ごしてきた希。

 

やっと幸せになれると思ったのに
その幸せも叶いませんでした。

 

そして希の前に現れた3人。

 

希のことと教祖だと選ばれし者だ言いますが
彼女らはいったい何者なのでしょう――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【悲しみの骸】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

悲しみの骸を無料で立ち読み

 

悲しみの骸のあらすじは?

 

希は小さいころ母親と姉を火事で失いました。

 

その時に家事を見て思ったのは
「きれい」ということでした。

 

あの中に母親と姉がいるとわかり
死んでいるかもしれないと思ったとき
火をきれいだなんてアクマの子だと思うのです。

 

その出来事は大きくなった今も夢で見るのです。

 

そんな希は工務店で働いていました。

 

うなぎ屋の寮にいたのにパソコンで経理ができるなんて
優秀だと珍しく遅刻をしても怒られないのです。

 

そんな良い職場で働く希。

 

そこで宮本という榎木建設の人に出会います。

 

悲しみの骸
悲しみの骸

 

下請けである希の会社に打ち合わせでやってきて
希を気に入りデートに誘うのです。

 

最初は男の人に興味はなかったので断ろうとしますが
社長にお願いされデートをすることに…。

 

最初は乗り気でなかった希も宮本と初めての体験をし
惹かれていくのでした。

 

そんな眠りにつく希のそばには
夢で見る3人の女性たちがいました。

 

あの火事の夢を見たときも
夢の中で会うのです。

 

そして試練だからと我々が必要となる日まで
待つのだと言うのです…。

 

デートをしてから宮本が会社に来ると
希は落ち着かない感じでこっそり手紙をもらい
定時で帰り会いに行くのですが会社では社長が
希が傷つかないといいと心配するのです。

 

一方、希は途中で洋服とバックを買い
宮本の待つ約束のホテルへ急ぐのです。

 

料理を食べ景色の良いラウンジでお酒を飲む2人。

 

お酒も飲みなれていない希は一気に飲み
酔っぱらってしまうのです。

 

でもそれは宮本が仕組んだこと。

 

宮本は希に強いお酒を飲ませそのまま部屋に連れて行き
合意の元とはいえ関係を持ってしまうのです。

 

関係を持った後、宮本は妻が匂いに敏感だと
シャワーを浴びに行くのです。

 

恋人はいないと言っていた宮本ですが
妻と子はいたのです。

 

更に愛と結婚は別だと希はかわいいし特別だと
誰にも邪魔されないように付き合おうと言うのです。

 

そのときには希は宮本を好きになっており
別れるなんてと思うようになっていました。

 

それからは宮本と連絡を取るために携帯を契約したり
家でごはんを作って待っているように…。

 

 

そんなとき希は妊娠をしてしまうのです。

 

もちろん子どもの父親は宮本なのですが
宮本は失敗したと喜んでくれません。

 

希は宮本に迷惑をかけないし1人で育てると
ただ家族が欲しいだけだと子どもを産むことを
宮本にお願いをします。

 

宮本も1度は産むことを賛成するのですが
買い物に一緒に行くと言いわざと階段を滑り
偶然を装って希を階段から落とすのでした。

 

宮本は救急車を呼ぶものの自分はここにはいれないと
希を1人置き去りにして逃げるのです。

 

病院で目を覚ました希は悲しい事実を伝えられます。

 

それは子どもを失っただけではなく
打撲は子宮内膜にも影響していて
もう妊娠はできないというもの…。

 

涙を流し眠る希のそばにはやはりあの3人が…。

 

子どもが産めなくても自分の愛は変わりないと
ずっと愛していると抱きしめる宮本ですが
にやりと何かを企んでいる様子で――。

 

悲しみの骸を読んでみる

 

サイト内より【悲しみの骸】と検索。

 

悲しみの骸のネタバレとその後の展開!

 

希は退院してからも会社に通い宮本とも会い
変わらぬ毎日を過ごしていました。

 

これぐらいのウソならと旅行にも誘ってもらい
幸せな感じでしたが旅行に行くと約束したときと
状況が変わったともう連れてこれないと言うのです。

 

話を聞くと株に失敗しお客さんのお金に手を付けたと…。

 

全財産を失い会社役員の娘婿という地位も
会社をクビになって離婚されると取り乱すのです。

 

そんな宮本のために今まで貯めた貯金を渡し
更には会社のお金まで手を付けさせられるのです。

 

そして仕事も失った希。

 

悲しみの骸
悲しみの骸

 

それでも今度は体を売ってまで宮本にお金を渡し
エイズにまでなってしまうのです。

 

エイズになったことで恐くて助けてと
宮本に連絡をするのですが宮本は知るかと
自分の不始末を人に押し付けるなと冷たく…。

 

宮本の本心ではないと家の近くまで行くと
希には見せたことのない笑顔で更に渡したお金は
家のローンを完済するために使われていたのです。

 

やっと騙されていたと知った希。

 

何もかも絶望した希は死のうとするのですが
そこにあの3人が現れるのです。

 

その者たちは創造主からの使い人で
希は選ばれし者だと言うのです。

 

そして今までずっと近くで見ていたと言うのです。

 

希が受けてきた辛い日々は試練だったと
教祖になるためのものだと――。

 

教祖とは宗教のかと何を言っているのかわからないと
雷がゴロゴロと鳴り出し光とともに声が聞こえ
希に力が与えられるのでした。

 

希に与えられた力は病気やケガなどを
治すことができる力。

 

ただし先天性の病気などは治せないのです。

 

それでも奇跡の人だと希を信じる人はたくさん。

 

守り人の守と一緒に教団を作り
多くの人を助けるのです。

 

悲しみの骸を試し読みしてみる

 

サイト内より【悲しみの骸】と検索。

 

BookLive

 

悲しみの骸の結末は?

 

守は守り人として希のためにお金を使いました。

 

希にお願いされ使い込みをした工務店にお金を返したり…。

 

その振込人の名前から宮本はまたもや希に近づくのですが
早く帰らないと命の保証はできないと言いその帰り
事故に遭ってしまうのです。

 

全身マヒで動くこともできず意識はあるのに口もきけない。

 

生きた屍のような状態で介護施設に預けられ
奥さんや子どもたちは実家に帰るのです。

 

希にした仕打ちが返ってくるのでした…。

 

悲しみの骸
悲しみの骸

 

そして希は守の後見人で弁護士の景山やその家族を助け
景山はその力がすごいと感謝していたのですが
希を裏切り信者に偽物のグッズを売ったりして
詐欺で捕まることとなるのです。

 

それでも希は彼らがした犯罪は自分の不徳だと
自分は関係ないとは決して言わないのでした。

 

逮捕される前には一部の信者に自分の力を分け与え
守とは究極の愛の姿だと結ばれるのです。

 

そして裁判の最中に着物を脱ぎ信者に渡したことで
希は倒れてしまうのでした…。

 

着物を失ったことでエイズの末期だと判明し
病院で息を引き取るのですが病院の外では
守が犬のオーブと一緒におり使い人の3人と
守やオーブと一緒に創造主の元へ行くのでした――。

 

それから多くの国では希の力を受け継いだ信者たちが
人々を助けていくのです。

 

彼らの活動によって報われるときがくるのだろうかと…。

 

悲しみの骸を読んでみるならこちら

 

サイト内より【悲しみの骸】と検索。

 

悲しみの骸の感想は?

 

最初は希の今まで生きてきた人生について
描かれていました。

 

母や姉を失い育てられた育った田舎では
伯父や従兄弟に無理やり犯され更には
従兄弟に売りまでさせられたのです。

 

やっと好きになった人は悪い人で希を騙し
子どもが産めない体にしただけではなく
横領をさせたり体を売って稼がせ仕舞いには
エイズになり価値がないとわかったら捨てる…。

 

悲しみの骸
悲しみの骸

 

自分の人生を呪い死のうと思うのも
わかる気もします。

 

でも使い人や創造主によって生きる気力を持ち
人を救っていくことに。

 

宗教とかそういうお話はちょっと抵抗ありましたが
読んでみると考えさせられる部分や得られる部分も
いろいろとありました。

 

読み始めると次はどうなるのかと展開が気になり
どんどん読んでしまったコミックです。

 

悲しい展開がとても多いのですがそれでも結末は
良かったと思います。

 

悲しみの骸を試し読みするならこちら

 

サイト内より【悲しみの骸】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態