シンクロ ~入りこむ罪悪感~のネタバレや感想に結末は?無料試し読みはココ


この記事は約 8 分で読めます。



坂辺周一先生の作品のシンクロ ~入りこむ罪悪感~。

 

他人の罪悪感にシンクロし同じ幻覚が見える
能力を持った双子のイツカとリッカ。

 

その能力によって様々な事件に巻き込まれてしまいます。

 

犯罪者にシンクロした時見える世界とは・・・?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【シンクロ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

シンクロ ~入りこむ罪悪感~を無料で立ち読み

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~のあらすじは?

 

双子のリッカとイツカは幼い頃から
他の人には見えない何かが見えていました。

 

それはオバケだったり幽霊だったり毎回いろいろなモノでしたが
なぜだかきまって人混みに多く現れるため
2人は保育園の頃から立派な引きこもりだったのです。

 

ある日、他の園から新しく異動してきた丸山先生の背後に
その何かがいるのが見えた2人。

 

それは子供で2人は先生にこう告げました。

 

「水が怖い。水にいれないで。もうしません」

 

すると丸山先生はなんで知ってるのかと2人に近づき
首に手をかけますがそこへ他の先生が現れ
丸山先生はパッと2人から離れるのでした。

 

丸山先生は前の園で悲しいことがあったばかりだから
変なことは言っちゃダメとそう言われた2人は
視たモノを迂闊に人に話してはいけないことを学んだのでした。

 

自分達は俗にいう霊感が強いのかと思っていた2人でしたが
14歳になったある日突然、何もかも理解したのです。

 

それは今まで見てきたモノは全て
人間の心だったのだということ。

 

人間の罪悪感が生み出した幻聴や幻覚が
2人には見えていたのです。

 

そして大人になった2人はリアルに理解していました。

 

他人の罪悪感にシンクロしているだけなのだと言うことを・・・。

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~
シンクロ ~入りこむ罪悪感~

 

友人と念願のタニロン社員食堂でランチをするリッカ。

 

ところがリッカの手に取った
味噌汁のお椀に入っていたのは人間の目玉。

 

それを見てリッカは誰だとため息をつきます。

 

その時、背後の席にいた女性がもうイヤと
口を押さえて走り去って行き
それを見ていたリッカはあの人かと理解します。

 

食欲をなくしてしまったリッカは楽しみにしていた
食事に手を付けずそのとびきりのドス黒い罪悪感に
不快感を抱いていました。

 

マンションの一室に帰宅した女性。

 

ビニール手袋をはめ大きな冷凍庫を開けると
そこにはバラバラになった死体が・・・。

 

女性はハンマーを使って冷凍された死体を粉々に砕いていきます。

 

そしてこんなになってまで
私を苦しめるなんてあんたが悪いと呟きました。

 

女性が抱くとびきりドス黒い罪悪感の正体とは・・・?

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~を読んでみる

 

サイト内より【シンクロ】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~のネタバレとその後の展開は?

 

一方、リッカは家に帰るとイツカに愚痴を言っていました。

 

朝早くおきたのに罪悪だと今日会った女の話をすると
イツカはしょうがないじゃないとクールな対応。

 

リッカはイツカだったらもっと怒ってるはずだと言いますが
イツカはまた会ってもほっときなさいと釘を刺すのでした。

 

オーブンを使い何かを作っている女。

 

彼女はストーカーされさらには暴力も振るわれ
それに我慢できず思わず殺してしまったのが冷凍庫の遺体。

 

散々被害に遭ったというのに
殺してしまったことがバレたら・・・。

 

そう思うとやりきれずバラバラにして少しずつ調理し
残飯として遺体を処理していたのです。

 

御曹子の彼氏と共に高級レストランに
食事に来ていたイツカですが
出てきた食事を前に急に嘔吐・・・。

 

吐き終わるとイツカはそばで食事をしている
女の元に歩いていき死体こねくり回して
何が楽しいのかと女に怒鳴りました。

 

そう、その女はリッカがこの間会った女。

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~
シンクロ ~入りこむ罪悪感~

 

イツカに自分の秘密を知られてしまったと思った女は動揺し
知っているはずがないと思いながらも
もしも知っているなら放って置くわけにはいかないと
イツカをタクシーで家まで尾行したのでした。

 

イツカは御曹司とダメになったからと
また違う合コンに参加してくる
冷蔵庫にケーキがあるからとリッカに伝え
出かけていきました。

 

リッカはいそいそと冷蔵庫の中のケーキの包みを開けると
そこには生々しい人間の舌が乗ったケーキが・・・。

 

リッカは近くにあの女が来ているのだとすぐに気づき
急いでイツカを追いかけました。

 

イツカの背後に迫る女。

 

知られたら迷惑なのだと握りしめた包丁を手に
イツカに向かって走り出しますが
リッカが危ないと声をかけたことで
イツカはギリギリで避けることができました。

 

女はさらに刃物を持ち直そうとしますが・・・?!

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~を試し読みしてみる

 

サイト内より【シンクロ】と検索。

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~の感想は?

 

他人の罪悪感とシンクロする能力を持つ
双子のイツカとリッカが主人公の本作。

 

初めは見えているのは幽霊なのかと思いきや
まさかの他人の罪悪感という斬新な設定が面白い作品です。

 

坂辺先生の作品にしては珍しく登場する犯罪者に
サイコパスでない人がいるというのも新鮮。

 

本気で犯罪を悔やんでいる人や犯罪を犯してしまったことにより
おかしくなってしまった人まで様々で
それに対するイツカとリッカの気持ちの違いなども
注目してみると面白いのでは無いでしょうか。

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~
シンクロ ~入りこむ罪悪感~

 

絵が綺麗でリアルなのでグロテスクな表現も
リアルに描かれています。

 

そのためそういった内容が苦手な方には
オススメはしませんが内容的には面白いので
苦手でなければ一度は読んでみて頂きたいです。

 

双子で同じ能力を持っているからこそ
能力がある以外は普通の女性に育った2人。

 

途中から出てくる刑事さんのキャラも独特で
引き込まれる要素が盛りだくさんでした。

 

シンクロ ~入りこむ罪悪感~を読んでみるならこちら

 

サイト内より【シンクロ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。