情熱のアレのネタバレや感想!マキの実家はオモチャ屋さん!?


この記事は約 5 分で読めます。


女性の間で人気のコミックある花津ハナヨ先生の作品の情熱のアレ。

 

口コミで広がって今も人気があるコミックです。

 

彼女が痴漢で果てるまで声も出せずにイっちゃった!   片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくて交尾漬けにしてやった

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

情熱のアレを無料で読む方法!

 

U-NEXTに登録するともらえる600円分のポイントを使えば
人気作や最新作などが無料で読めちゃいます!

 

しかも今ならU-NEXTに登録するとこんなにお得!

    ①70誌以上の雑誌や映画やドラマにアニメが31日間無料で見放題!
    ②最新作など電子書籍に使えるポイントが600円分プレゼント!
    ③さらに電子書籍や映像作品に使えるポイントが毎月1,200円分ももらえちゃう!

 

情熱のアレを無料で立ち読み

 

花津ハナヨ先生のその他の作品はこちら

 

情熱のアレのあらすじは?

 

主人公である藤咲マキは下ネタは苦手だけど、セックスは好きというOL。

 

彼氏とは同棲して3年。
同じ会社の別の課にいます。

 

家事にも協力的で浮気の心配もなく、好きなものや笑いのツボも一緒で、幸せそうな感じのマキ。
でも1つだけ悩みが――・・・。

 

情熱のアレ
情熱のアレ

 

それはセックスレスなこと・・・。
彼とは2年もセックスレスだそうです。

 

彼は浮気をしているわけでも、マキのことが女性として見れなくなったとかではなく、ただ単に淡泊なようで・・・。
でも、マキ的にはさみしく、また彼に求められたい、必要とされたいといった感じ――・・・。

 

しかもマキの実家の会社はオモチャ屋ではなく、彼には手伝いもやめるように言われてしまい・・・。

 

情熱のアレを読んでみる

 

サイト内より【情熱のアレ】と検索。

 

 

情熱のアレのネタバレや感想は?

 

情熱のアレを読んでみましたが、私も下ネタが苦手なので、マキの気持ちがよくわかります。

 

セックスが好きとか嫌いを抜きにしても、やっぱり全く触れられないというのは、悲しくもなりますよね・・・。

 

マキの実家のこともあり、彼とはギクシャクした関係になってしまうものの、好きな人とセックスしたいと思うことは、いけないことなのかと真剣に考えるようになり、彼もマキとの関係を修復するために、週1回セックスをすると約束を・・・。

 

情熱のアレ
情熱のアレ

 

その約束自体も重荷のようですけど・・・。

 

やっぱりそういうことって、義務ではしてはいけないことですよね・・・。
そんこともありやっぱり彼とは・・・。

 

でも、そのあとマキはある人とハッピーエンドを迎えます。
しかも2人から想いを寄せられるのですが、個人的にはあの人と結ばれてほしかったです・・・。

 

情熱のアレを試し読みしてみる

 

サイト内より【情熱のアレ】と検索。

 

マキの実家はオモチャ屋さん?

 

マキの実家ですが会社を経営しており、オモチャ屋さんです。
といっても普通のオモチャではなく・・・。

 

マキはずっと子どものオモチャだと思っていましたが、実は数年前から大人のオモチャに変わっていました・・・。

 

情熱のアレ
情熱のアレ

 

そう、マキの嫌いな下ネタ系の物です。
下ネタが嫌いな人にとっては結構きついものです。

 

しかも、ただ実家が経営しているだけではなく、お母さんの検査入院に伴い、お店を手伝わなければいけなく・・・。
実家の仕事とはいえ結構つらいですよね・・・。

 

しかもネタバレになりますが、マキはそのあと本格的に仕事として行うわけです。

 

そういうオモチャがいけないということはないですが、やはり女性がそういう仕事をすることは、言いづらい部分でもありますね。

 

情熱のアレを読んでみるならこちら

 

サイト内より【情熱のアレ】と検索。

 

 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

甘い懲罰 私は看守専用ペット 君が好きだから