源博士の異常な××のネタバレと感想!イケメン脳科学者と彼を取り巻く研究員たちの物語


この記事は約 9 分で読めます。


寄田みゆき先生の作品の源博士の異常な××。

 

住むところもなく、お金もなく
今まで不遇な人生を送ってきた丸山みのり。

 

真冬の路上で野垂れ死に寸前の彼女を救ったのは
何やら怪しい研究を行っている脳科学者・源義行だった。

 

みのりは食事と寝る場所の提供を受ける代わりに
源博士の脳の研究に協力することになるが・・・?

 

超天才脳科学者とその仲間たちが繰り広げる脳科学コメディ!!

 

 遺書、公開。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

【源博士の異常な××】を無料で読む方法!

 

U-NEXTに登録するともらえる600円分のポイントを使えば
源博士の異常な××や最新作などが無料で読めちゃいます!

 

しかも今ならU-NEXTに登録するとこんなにお得!

    ①70誌以上の雑誌や映画やドラマにアニメが31日間無料で見放題!
    ②最新作など電子書籍に使えるポイントが600円分プレゼント!
    ③さらに電子書籍や映像作品に使えるポイントが毎月1,200円分ももらえちゃう!

 

源博士の異常な××を無料で立ち読み

 

源博士の異常な××のあらすじは?

 

吹雪の中、住むところも食べるものさえなく
ホームレス状態になってしまった女子・丸山みのり。

 

どうして自分はこんなに不幸なのか――
そんな彼女に声をかける人物が。

 

いよいよ死神が現われたそう思ったみのりに
その人物はこう言ってきて・・・。

 

「私がキミを幸せにしてあげるから」

 

目が覚めるとみのりは見知らぬ
怪しい人たちに覗き込まれていました。

 

みのりが目を覚ましたのを確認した彼らは
ブドウ糖投与だの脳波に異常は見られないだのと
何やら訳の分からない言葉を発しています。

 

中でもボス的存在らしい男性はみのりに声をかけた人物で
大学の准教授で脳科学者である源義行と名乗りました。

 

源准教授率いる研究チームは
「脳を変えれば人は幸せになれる」ことを
証明する実験を行っていました。

 

源博士の異常な××
源博士の異常な××

 

そして彼から脳の研究に協力してほしいと
そう言われたみのりはバイト料と食事
そして寝泊まりする部屋を用意するという言葉につられて
実験台になることを決めるのでした。

 

幼い頃に両親を亡くし身寄りのない彼女は施設に入れられ
学校でもいじめに会ったりと不遇な毎日を過ごしてきました。

 

どうかここではいじめられたりしませんように――
そう思っていましたが彼女に用意された食事は
見たこともない豪華なものでした。

 

しかしみのりは筋金入りのネガティブ思考の持ち主で
いい思いをしたらそのぶん不幸が起こりそうだと
なかなか手をつけません。

 

研究者たちはみのりを幸せにするために
あの手この手を使って実験をしていきます。

 

幸せホルモンと言われるセロトニンという
物質を出すために日光浴やフラダンスをしたり
リラックス効果のある入浴をしてみたり・・・。

 

源准教授とその研究室のメンバーたちと関わることで
みのりは徐々に人生の楽しさを知っていくのですが・・・。

 

源博士の異常な××を読んでみる

 

サイト内より【源博士の異常な××】と検索。

 

源博士の異常な××のネタバレとその後の展開は?

 

「脳を変えれば人は幸せになれる」ことを証明するため
最強不幸少女・みのりを実験台にして
日夜研究に明け暮れる若き大学准教授・源義行。

 

彼の考え方に賛同する研究室メンバーたちとともに
みのりを幸せにするべく奮闘していきます。

 

なぜ源准教授が脳についての研究をするようになったのか
その理由も語られます。

 

源准教授が子供の頃、心臓病専門の名医だった
祖父が認知症を発症。

 

周囲はそんな祖父の様子に脳が壊れてしまった
などと言って落胆の声をあげました。

 

しかし源准教授にはそうは思えず
残り少ない人生を有意義なものにするために
自ら認知症を引き起こしたんじゃないのか――
子どもながらにそう思ったのでした。

 

源准教授は脳は人を幸せにするために存在すること
人は誰でも幸せになれるということを証明するために
脳の研究に没頭するようになったのです。

 

そんな彼の思いを知ったみのりは
徐々に気持ちが前向きになり
自ら行動を起こすようになります。

 

実験前は底辺だったセロトニンの量も安定し
いよいよ実験期間の1ヶ月が過ぎようとしていました。

 

源准教授は最後に最高のフィナーレを見せてやると
何やら企んでいる様子。

 

源博士の異常な××
源博士の異常な××

 

そして最終日。

 

研究もこれで終わりというとき
源准教授から渡されたのは
これまでのバイト料100万円でした。

 

あまりにも高額な報酬を受け取って人生の再スタート。

 

みのりが大喜びするかと思いきや
彼女の目からは大粒の涙が・・・。

 

みのりは嬉しさよりも研究室の皆と
別れるのが寂しいと言って泣いたのです。

 

最後の最後に実験が失敗したことを
痛感した源准教授。

 

もっと実験をしなければとみのりを研究所の
秘書兼専属実験体に任命するのでした。

 

それからというもの個性的な研究室のメンバーとともに
研究室ライフを送ることになったみのり。

 

ぶっきらぼうで口が悪い博士研究員・青木
ナイスバディで研究室の「影のドン」・白石
煎餅屋の息子で源准教授を崇拝する赤井
タイからの留学生・チャーン。

 

みのりは時に彼らの悩みを聞いたり
手助けしたりして交流を深めていきます。

 

中でも源准教授の脳に対する思いはオタクレベルで
周囲を振り回すとんでもない行動をすることも。

 

さらにみのりがかつてのいじめのトラウマに立ち向かう場面や
源准教授が大学内の圧力と戦うエピソードもあり
様々な「脳」のしくみに関する面白い出来事が満載。

 

彼らの研究はどこまで突き進んでいくのでしょうか?

 

イケメン天才脳科学者の研究に興味のある方は
ぜひ、彼の研究室を覗いてみては?

 

源博士の異常な××を試し読みしてみる

 

サイト内より【源博士の異常な××】と検索。

 

女子大生と教授(と僕)のありがちな"

 

源博士の異常な××の感想は?

 

サスペンスから恋愛まで幅広い作風で知られる
寄田みゆき先生の作品です。

 

今作は全編コメディタッチで進み
イケメン脳科学者と彼を取り巻く研究員たちの物語が
面白おかしく描かれています。

 

思わず笑ってしまうエピソードの中にも
考えさせられる言葉があったりして
非常に興味深く読みました。

 

序盤はみのりが不幸すぎてどうなるのかと思いきや
意外とすぐに研究室メンバーたちと打ち解け幸せホルモンが活発に。

 

源博士の異常な××
源博士の異常な××

 

その後は徐々にみのりも行動的になり
今度は自ら行動し逆にメンバーたちを
手助けするまでに成長していきます。

 

自分自身も壮絶ないじめに遭った経験があるからこそ
人に寄り添うことができる心優しい女の子なんだと思いました。

 

特に注目していたのは源准教授とみのりの関係ですが
准教授がイケメンであるにもかかわらず
相当な変人であるためにどうなるのか?というところです。

 

絵は綺麗で読みやすく3巻完結で一気に読めますので
気になった方はぜひ読んで頂きたいです。

 

源博士の異常な××を読んでみるならこちら

 

サイト内より【源博士の異常な××】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
寄生獣リバーシ
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

不朽のフェーネチカ 約束のネバーランド