ブレッチェン 相対的貧困の中でのネタバレや結末!感想やあらすじもあり


この記事は約 11 分で読めます。



くりきあきこ先生の作品の
ブレッチェン~相対的貧困の中で~。

 

大学に行くためにバイトをして学費を貯めながら
母と2人頑張って生活をしていた楓花。

 

しかし母親が病気になり
亡くなってしまったことで生活が急変――。

 

生活保護が打ち切られ大学への夢もあきらめ
やっと見つけた働き口・・・。

 

なんとか生活ができる感じになった楓花に
今度は親友の玲奈が――・・・。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ブレッチェン】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブレッチェン 相対的貧困の中でを無料で立ち読み

 

ブレッチェン 相対的貧困の中でのあらすじは?

 

母親が亡くなりこれから1人で
生きて行くことになった楓花。

 

今までは病気で働けない母親には
生活保護費が払われており
ケースワーカーの人が
何かと手伝ったりしてくれていました。

 

楓花は遺骨をどうしたらいいかわからず
ケースワーカーの人に相談すると
家に置くことは問題ないけど
共同供養墓でも20万ぐらいはかかるため
どうするか自分で考えるように言われます。

 

そして自分はもう楓花に会うことはないと・・・。

 

そう、母親が亡くなり来月から保護費が払われないため
自分の仕事はここまでというのです。

 

生活保護費は病気で働けない母親のために
払われていたため健康な身体で
18歳の楓花には支払われないため
働いて自立するしかないのでした。

 

ケースワーカーの人が帰ると
今度は大家さんがやってきます。

 

今月分の家賃がまだのようで
お葬式が住んだため
楓花に支払いを求めてきたのです。

 

そして保証人を求められます。

 

普通は入居するときに必ず付ける保証人ですが
母親は生活保護で収入が堅かったため
保証人を付けずに暮らしていました。

 

ですが楓花一人になったため
特別というわけにはいかないと・・・。

 

保証人のあてなんてないと思いながらも
お金をおろしに行こうとする楓花。

 

すると友達の玲奈と会います。

 

玲奈とは同じコンビニでバイトをしていましたが
扱いがブラックだったため楓花はやめたのです。

 

いきなり明日もバイトしてほしいと言われたり
学校帰りに電話がなり休む人が出たから代わりに
バイトしてほしいと言われたり・・・。

 

母親が入院しているからと断っても
こないならクビと言われ
行くしかなかった楓花・・・。

 

楓花がバイト先より呼び出された日・・・
母親は亡くなってしまったのでした。

 

そんなこともありバイトを辞めたのですが
玲奈は受験はどうだったかと聞きます。

 

そう、玲奈は大学のための学費を
バイトして貯めていたのです。

 

楓花は試験は終わったけど
発表はまだと答えました。

 

しかし結果がどう出ても大学にはもう・・・。

 

楓花は生活のために仕事を見つけようと
ハローワークに行きます。

 

しかし新卒者の募集はもう終わってしまい
残っている募集は大卒だったり・・・。

 

なんとか面接にこぎつけても
資格がないことや自動車免許もないこと
更には即戦力にもならないことから
なかなか仕事が見つかりません・・・。

 

そんな中、やっと採用になったのですが
やはり保証人が必要で・・・。

 

家だけではなく仕事をするにも保証人が必要で
困った楓花はケースワーカーの人に連絡し
就職の保証人になってもらえないかと
そう相談するのですが・・・。

 

それはケースワーカーの仕事ではないと
断られてしまうのでした。

 

保証人がいないと就職できないと言われ
このまま就職できなかったら
また生活保護を受けることになってしまうのかと
泣きながら相談する楓花。

 

そんな楓花にケースワーカーの人は
アルバイトで貯金していたことを話し始め・・・。

 

母親が亡くなり生活をするのにも
就職をするのにも大変な楓花・・・。

 

果たしてこの後、楓花はどうなってしまうのか・・・。

 

ブレッチェン 相対的貧困の中でを読んでみる

 

サイト内より【ブレッチェン】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

ブレッチェン 相対的貧困の中でのネタバレとその後の展開は?

 

助けを求めたケースワーカーの人に言われたのは
今ある貯金を使い果たしそれでも就職できなかったら
ハローワークに相談して生活支援費の
貸し付けを受けることでした・・・。

 

そしてそれでもどうにもならなくなったら
生活程の相談をするようにと言いますが
受けられる保証はないと・・・。

 

楓花は健康な18歳のため仕事をして
自分で養う義務があるといい
国に甘えようなんて考えちゃだめだと
そう言われてしまうのです。

 

甘えていると言われた上に
人がぶつかってきて倒れた楓花。

 

相手亜ぶつかってきたのに楓花が怒られ
周りの人は誰も助けてはくれません。

 

こんなみじめで生きている意味は何かと
そう考えていると差し伸べてくれる手が――・・・。

 

女性はすぐそこでパン屋をやっており
ケガをした楓花の手当てをしてくれます。

 

手当のお礼を言って帰ろうとすると
残ったパンをくれました。

 

楓花はその女性から聞いた公園でパンを食べると
飲みこむのがもったいないほどおいしかったのです。

 

パンってこんなにおいしいものだったの・・・。

 

パンを食べた楓花はお店に戻り
ここで働くには保証人は必要か尋ねます。

 

このお店は女性一人でやっていて
1日に作れる量に限界があったため
早朝から働ける人を募集していました。

 

ですが働くにも楓花には保証人がいません・・・。

 

事情を話し自分には保障してくれる人は
誰もいないことを説明しますが
女性は5時、無理なら6時でもいいと
言ってくれたのです。

 

試用期間は1ヶ月ありますが
雇ってもらえることになったのでした。

 

身寄りのない子を雇うことに
心配する人もいますが
女性は自分も今は似たようなものだし
誰だってそうなる可能性があるからと
そう言ってくれるのです。

 

夜、玲奈が楓花のところに
廃棄のお弁当を持って訪ねてきました。

 

お弁当を食べながら話をする2人。

 

玲奈も今月いっぱいでバイトを辞めるようで
その後は就職が決まっています。

 

大企業じゃないけど正社員で
ボーナスが楽しみだと話す玲奈。

 

そんな中、玲奈は受験の結果を聞きます。

 

楓花の受験の結果は合格でしたが
入学の手続きをしなかったのです。

 

母親が生きていたらこのアパートに住んだまま
世帯分離の手続きをして自分の学費だけを
奨学金とバイトで賄えれば良かった・・・。

 

しかし母親が亡くなったことで
生活保護費は払われなくなって
家賃も水道光熱費も食費も全部
自分で稼がなくてはいけなく・・・。

 

生活費を払ったうえに
学費を貯めるなんて無理だから
大学をあきらめたと話します。

 

そしてパン屋で働かせてもらうことに
なったことを告げるのです。

 

玲奈が帰るときに楓花は玲奈みたいな
親友がいてくれて良かったと言いますが
玲奈はこう言い出すのです。

 

「楓花が大学にいかなくてホッとしている」

 

玲奈は楓花みたいに頭が良くなく
レベルの低い大学でも許してもらえるような
経済的な余裕がなかったため
楓花が大学に行ったら遠い存在に
なってしまうと思っていたと話します。

 

そんな玲奈に自分も働くから
同じだと答えるのですが・・・。

 

「おんなじじゃないよ
私は正社員だけど楓花は時給でしょ?」

 

玲奈は自分と楓花は違うと言います。

 

そして自分の父親は非正規社員で
母親はパートの共働きだけど
子どもが3人いるから計算すると
生活保護を下回る収入だと・・・。

 

市役所に相談に行ったけど家があるから
生活保護は受けられなかったと言います。

 

そして生活保護をもらいながら大学なんて
贅沢すぎる考えでいい気味だと言うのです。

 

楓花は母親だけでなく親友までも
失ってしまうのでした――・・・。

 

ブレッチェン 相対的貧困の中でを試し読みしてみる

 

サイト内より【ブレッチェン】と検索。

 

ブレッチェン 相対的貧困の中での感想は?

 

親一人、子一人だった楓花。

 

頼れる親戚もいなかったため
何をするにも保証人が必要・・・。

 

私も13歳の時に父親を亡くし
17歳の時に母親を亡くし一人っ子だったので
それからは一人暮らしでした。

 

頼れる親戚もいなかったので大変でした・・・。

 

ただ楓花と違ったのは仕事をするのに
保証人とかは必要なかったので
仕事に困るということもなかったです。

 

家を借りるには保証人が必要ですが
保証人なしでも借りられる物件はありますが
結局は緊急連絡先が必要なんですよね・・・。

 

しかも仕事をしていないと借りれなかったりで
その仕事を見つけるにも保証人がってなったら
どうにもできなくなりますね・・・。

 

誰が悪い訳でもないのに楓花のように
1人になってしまったら
生きて行くのにも大変に・・・。

 

ケースワーカーの人が言っていることは正しいですが
それでもやっぱり貯金をすべて使い果たしてから
貸し付けを受けそれでもダメだったら・・・
そんな制度、ちょっと嫌ですね。

 

楓花のような境遇になってしまっても
自分の夢をあきらめないでいられる制度が
あればいいなぁと思います。

 

そして親友にも裏切られた楓花・・・。

 

玲奈の気持ちもわからなくもないですが
このまま2人の関係が終わってしまうのは
寂しいなと思います。

 

これから楓花がどうなるのか
ぜひ読んでみてほしいです。

 

ブレッチェン 相対的貧困の中でを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ブレッチェン】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。