私たちには壁があるのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも

watashitachinihakabegaaru

この記事は約 7 分で読めます。



築島治先生の作品の私たちには壁がある。

 

幼馴染で残念イケメンな怜太に告白されても
動じないクールな女子高生真琴。

 

幼馴染の怜太は好きだけど男として見られないと
断言されてしまう怜太に勝算はあるのか!?

 

心地よい関係を壊したくない幼馴染と
恋愛関係になりたい幼馴染の攻防戦スタート!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【私たちには壁がある。】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

私たちには壁がある。を無料で立ち読み

 

私たちには壁があるのあらすじは?

 

道のど真ん中でお前がそんなに彼氏ほしいなら
俺が付き合ってやってもいいけどと真琴の幼馴染である怜太が
超上から目線で発言するところから物語はスタートします。

 

真琴と怜太は家が隣同士で小さい頃から
互いを知り尽くしている幼馴染でした。

 

怜太はいわゆる残念イケメンというやつで
俺様×ナルシストで我が道を行く男だったのです。

 

真琴は怜太のぶっ飛び発言を華麗にスルーし
普段と同じように過ごします。

 

しかし怜太の中では付き合うものだと決まっていたようで
真琴に迫るのですが男として見られないと相手にしてもらえません。

 

自分の何が不満なんだと壁ドンを決める怜太に赤面すらしない真琴。

 

私たちには壁がある。
私たちには壁がある。

 

気に入らない怜太は真琴にケンカを売り
真琴もそれを買ってしまいます。

 

怜太よりかっこいい彼氏を作ってやると意気込み大学生との合コンに参加。

 

彼氏候補の目ぼしい男と出会うのですが席を外していた真琴を
追ってきたその男はいきなりキスしようとしてきます。

 

そのピンチを怜太が救出し真琴に危ない真似をするなと怒ります。

 

恐怖を思い出した真琴は素直に謝り幼馴染としての
怜太が好きで変えたくない関係だと思うのでした。

 

翌日学校では真琴にかっこいい彼氏ができたと噂になっていました。

 

合コンでの失敗を知られたくない真琴のため
怜太が(仮の)彼氏に就任することになり――?

 

私たちには壁があるを読んでみる

 

サイト内より【私たちには壁がある】と検索。

 

BookLive

 

私たちには壁があるのネタバレとその後の展開は?

 

仮の彼氏に就任した怜太はウキウキ気分で
真琴を動物園デートに誘います。

 

デート中、怜太はあらゆる手段で真琴を
ときめかせようとするのですが試みはすべて失敗。

 

そんな感じでしばらくは怜太が真琴に迫るも
相手にされない日々が続きます。

 

真琴は怜太が本気で自分のことを
好きだとは全く想定していなかったのです。

 

怜太の本気に気づけたのは
怜太の友人・祐介の存在があったからでした。

 

些細なことから同じ場所にいた祐介と真琴。

 

風の噂で2人が一緒にいることを知った怜太は
すぐさま駆けつけヤキモチ全開です。

 

喧嘩腰な物言いしかできず素直に真琴のことを
「かわいい」「好き」と言えない怜太の不憫さに
祐介は同情してしまいます。

 

喧嘩を通してやっと怜太の本気に気付いた真琴ですが
彼女は頑なに「幼馴染として好き」という姿勢を守ります。

 

幼いころに両親の離婚を経験していた真琴は
大切なものが壊れてしまうことにずっと怯えていたのです。

 

私たちには壁がある。
私たちには壁がある。

 

怜太のことが大切で好きだからこそ
今の関係のままでいたいと思っているのですね。

 

そして祐介は真琴の相談に乗っているうちに
彼女のことが気になってきます。

 

やがて本気モードに入った祐介の手ごわさに
真琴はドキドキさせられ怜太は大焦り。

 

ある時、事故で祐介とキスしてしまったことを
怜太に知られてしまい傷つく怜太。

 

真琴はひたすら怜太に謝り続けます。
ここにきてようやく「怜太のことが好きなんだ」と自覚。

 

この気持ちをちゃんと伝えようと思った真琴を
しれっと誘惑し怜太には牽制をする祐介。

 

相手が祐介だと敵わないかもしれないと思っていた怜太は
拡張器で真琴への愛を叫びます。

 

その言葉で一歩踏み出す勇気を得た真琴は
祐介の告白を振り切って怜太のもとへ走ります。

 

やっと想いが通じ合った怜太は有頂天で真琴に迫りたい放題。

 

真琴は怜太が好きな男の子になってしまい
顔を見るのも恥ずかしいようで
幼馴染時代とは打って変わって乙女モード全開。

 

スタートは恋愛初心者の真琴に合わせて
関係を深めていこうとしていた怜太ですが
「いつまで我慢すればいい?」と
何やら怪しい方向へ向かっていきます。

 

私たちには壁があるを試し読みしてみる

 

サイト内より【私たちには壁がある】と検索。

 

私たちには壁があるの感想は?

 

恋のライバルになってしまった祐介は
怜太も「いい男」だと認めています。

 

彼が相手だと敵わないかもしれないと怜太が危惧する程の人物で
確かに祐介はかっこいいです。

 

大人っぽくて余裕のある雰囲気が怜太とは全く違います。

 

怜太はどこか独りよがりで子供っぽさがあったのですが
少しずつ真琴の気持ちを考えられるようになっていきます。

 

だけど自分の気持ちは曲げず残念イケメンの精神力は強いですね。

 

私たちには壁がある。
私たちには壁がある。

 

1巻だと本当に残念イケメンだった怜太は
巻数を重ねるごとにいい男へと成長しています。

 

鉄の精神力かと思われた真琴は好きな気持ちを自覚してから
受け身になっていることが多くなっています。

 

ここから彼女がどう成長していくのかが見所ですね。

 

祐介も真琴のことを完全に諦めたわけではなさそうですし
幼馴染の恋愛にはまだまだ壁がありそうですね。

 

私たちには壁があるを読んでみるならこちら

 

サイト内より【私たちには壁がある】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態