養護施設を追われた少女のネタバレや感想に結末!母の愛がほしかった狼少女の残酷な運命とは?


この記事は約 12 分で読めます。


榎本由美先生の作品の養護施設を追われた少女。

 

里親のもとへ行くことになった少女は警戒心がすごく
威嚇までするまるで狼のような少女。

 

フライパンで殴られダンボールに閉じ込められながらも
どんな仕打ちを受けても母の愛が欲しかった少女・天音。

 

そんな天音の前に母親が現れ
また一緒に暮らすことになるのですが――・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…

 

ストーリーな女たちのその他の作品はこちら

榎本由美先生のその他の作品はこちら

 

養護施設を追われた少女のあらすじは?

 

ある児童相談所に預けられている天音。

 

ですが天音は他の子と違い初めて見る人に対してとても警戒し
威嚇する感じでまるで狼少女。

 

児童相談所でも持て余すほどの子の天音ですが
そんな天音の里親として声をかけられたのが由志摩満子でした。

 

満子を見るなり児童相談所の高木の後ろに隠れ
威嚇する天音。

 

それでも里親になると天音を自分の家に連れていきます。

 

満子は子できないらしく家には天音と同じ境遇の子が4人。

 

小学2年生の秀が自己紹介をしろと上から目線で話しかけ
そんな秀を注意する一番年上の小6のナオ。

 

初めてきた場所に初めて見る人たちのため
天音はすぐに隅に行き震えながら壁をカリカリ・・・。

 

天音はずっとお風呂に入っていなかったためか
臭う感じでご飯の前に満子がお風呂に入れようと。

 

しかしお風呂だと言われるとギャーギャー騒ぎ出し
お風呂に入ることを拒絶するのです。

 

仕方がなくお風呂を諦めご飯にしますが
テーブルに用意されたお皿を持ってソファーの下に隠れ
手づかみでむしゃむしゃと食べ出したのでした。

 

その姿はまるで犬――・・・。

 

そんな中、満子の夫が帰ってきます。

 

満子に天音の話を聞いて秀や5歳のひまりなど
まだまだ難しい子がいるのに
難しい子を引き取って大丈夫かと心配・・・。

 

それでも満子は今までみんな少しずつ心を開いてくれ
今は仲良しだからそのためなら努力は惜しまないと
大丈夫だと笑顔で言うのでした。

 

満子がそういうなら協力すると言い
人を寄せ付けない天音のために自分たちの寝室を与え
由志摩家での生活が始まった天音。

 

無事に朝を迎えた感じでしたが
天音は一睡もできなかったのです。

 

それは寝ると叩かれると思ったから――・・・。

 

天音は声を出すなと自分が眠れないんだから
お前も寝るなと母親にフライパンで叩かれていたのです。

 

そんな天音に優しく声をかける満子。

 

しかし天音は心を開くどころか満子の前に全然出てこなく
ご飯だけはひったくっていって食べるため餌付けをしようと
作戦をねったりしています。

 

そんな満子の話を聞いてナオは甘いと言い出し
天音のいる部屋に入っていきこう言うのでした。

 

「この家にいるの?児相に帰るの?出ていくの?」

 

天音が出て行っても自分たちは困らないと言われ
急に満子の後ろに隠れた天音。

 

天音は自分を守ってくれそうな人だと判断し
満子の後ろに隠れたのです。

 

やっと満子に心を開き始めた天音。

 

頭を触られご飯もテーブルで食べるように。

 

更には話しかけられると受け答えをし始めたのです。

 

天音は喋るとお母さんに怒られていたため
話すことをやめていたのでした。

 

冷たいものばかりを食べていた天音は
温かい匂いのするものを食べたこともありませんし
料理を作るところを見たこともありません。

 

満子がキッチンのそばにイスを置くと
興味津々に作るところを見ています。

 

そしてやっとお風呂にも入ってくれました。

 

お風呂を嫌がっていたのは施設では冷たいシャワーで
最後にぬるくなったお風呂に入っていたため冷たく
それが嫌だったようなのです。

 

天音は小4でしたが小さかったため
5歳のひまりの服がぴったりで
ひまりの服を貸してもらいました。

 

児相にも天音がだいぶ慣れてきたと伝え
うまくいっていた日々。

 

しかし事件が起こったのです。

 

それは天音が料理を作るのを見るのが好きだから
みんなでお好み焼きを焼こうとした日のこと。

 

テーブルの上にホットプレートを用意し
秀がひっくり返したりして上手に作ります。

 

その様子を見て天音は自分も作りたくなったのか
秀に体当たりしてフライ返しを奪い取ります。

 

そして自分もとばかりにひっくり返しますがうまくできず
お好み焼きはぐちゃぐちゃに・・・。

 

そんなお好み焼きになってしまっても焼き直すからと
フライパンを持って現れた満子。

しかしフライパンを見た天音は悲鳴をあげだしたのです。

 

それだけではなくフライパンでぶたれると思った天音は
近くにあった箸を満子の足に――・・・。

 

養護施設を追われた少女を読んでみる

 

サイト内より【養護施設を追われた少女】と検索。

 

養護施設を追われた少女のネタバレとその後の展開は?

 

やっと由志摩家での生活に慣れてきた天音でしたが
フライパンを見た瞬間、母親にされていたことを思い出し
満子も自分をぶつのだと思ったのです。

 

満子がケガをしたことで子どもたちは泣いて大騒ぎになり
その様子に天音は裸足のまま外に逃げるのです。

 

そんな中、満子から連絡をもらった夫の鉄男は
帰ってすぐに天音を探します。

 

すると天音は近所でも騒ぎになっていました。

 

夜に素足でいたため心配して声をかけてくれたのですが
知らない人に声をかけられたことでパニックになり
そこでも悲鳴をあげ叫ぶのをやめるようにと近づいた警官の手を
噛みついたりし始めたのです。

 

落ち着いた天音と鉄男が家に戻ると
そこには子どもたちと満子の姿がありました。

 

しかし天音の姿を見るなり秀は天音に掴みかかります。

 

もう少しずれていたら骨がバキバキに折れていたと・・・。

 

満子が歩けなくなったらお前のせいだと
天音を責め続ける秀でしたが
そんな秀に満子は優しく天音がしたことについて話します。

 

そして天音にもしばらく中華鍋を使うから
その間にフライパンは怖くないと覚えようと伝えるのでした。

 

少しずつ少しずつ心を開いていく天音。

 

ナオの同級生のお母さんがやってきたときには
挨拶をしたりして急にいい子になる天音。

 

とってもいい子な感じになった天音ですが
今度はなぜか満子を無視。

 

どうやら愛着障害のようで一番近しい人を無視して
よその人とばかりベタベタしたり。

 

それでも狼少女でなくなったことを満子は喜びます。

 

いろいろなことがあったりもしましたが
やっと由志摩家に慣れた天音。

 

これからほかの子たちのように
平和な日々がやってくるのだと思われたとき
その幸せな日々は終わりを告げたのです。

 

そう、天音の母親が迎えに来たのでした。

 

どんなにひどいことをされても実の母親。

 

天音は母親が迎えにきたことで一緒に帰りたいと
母親との生活を選んだのです。

 

強引に引き離してもまた暴れる子どもに戻ると
天音の気持ちを尊重した満子。

 

天音が使っていた勉強道具などの荷物と一緒に
何かあったら電話をするようにとメモを渡します。

 

そして向かったのはあるマンションでした。

 

ただいまと母親が言って開いたドアからは
見知らぬ男が出てきました。

 

どうやら母親には新しい男がいたようで
その男に言われて天音を迎えに行った様子。

 

お祝いだと言ってお寿司をとってくれたりし
満子たちとの生活を思い出しながらも
母親たちと頑張ろうとしていた天音。

 

翌日、目を覚ますと母親はまだ寝ており
おなかが空いた天音は残りのお寿司を食べようとします。

 

ですがうまくしょうゆを出すことができず
たたみをしょうゆで汚してしまったのです。

 

慌てて汚れを落とそうとしていた天音でしたが
そこに母親が起きてきました。

 

そして天音の様子を見た母親は近くにあったフライパンで
天音を殴ったのです。

 

母親の男のおかげでそれでも手を出さないようにしていた母親。

 

ですがあることがきっかけで
また天音に手を出すように――・・・。

 

フライパンでボコボコに天音を殴り
天音の顔は歪んでいました。

 

しかも自分がいない時間は部屋から出ないように鍵を取り付け
更にはリードをつけて行動を制限・・・。

 

そんな母親の異常な状態に男も逃げ出してしまい
男が逃げたことで母親の虐待もさらに悪化。

 

昔されたことを思い出しながら思うのは由志摩家での生活。

 

満子に迎えにきてほしいと思うのです。

 

養護施設を追われた少女を試し読みしてみる

 

サイト内より【養護施設を追われた少女】と検索。

 

エロティック・ハレムの千一夜

 

養護施設を追われた少女の感想は?

 

母親に愛されたいのに愛されなかった少女の物語。

 

本作の冒頭の天音の様子にはかなりびっくりしました。

 

満子が言う通り狼少女・・・。

 

それでも満子の優しさに触れ少しずつ心を開き
狼少女が普通の少女になっていきます。

 

満子に甘えられるようになったり勉強もし始めたりして
やっと幸せになれるのかと思ったとき・・・
あの母親が迎えに来たのです。

 

どんな母親でも天音にとっては母親。

 

今度は優しくしてくれると思ったのでしょうね。

 

天音がされた仕打ちを見ているうちに
とても悲しい気持ちになりました。

 

母親が天音にご飯を作ったり掃除をしろと言ったときに
なぜ満子はやり方を教えるのではなく
児相に相談をしなかったのかと・・・。

 

そして天音の様子がおかしいと母親や男が病院に連れていき
ただの便秘だったとはいえあの天音の様子を見て
なぜ病院はすぐに通報しなかったのかと思ってしまいます。

 

そうすれば天音があんなひどい状態までには
ならなかったのではと思ってしまいます。

 

また天音の母親は実の娘にどうしてあんな惨いことを
平気で行えたのでしょう・・・。

 

いくらムカつくことがあったとしても
その矛先を子どもにするなんて・・・。

 

しかもフライパンで殴ったりリードでつなぎ
更にはトイレにも行かせずにもらしてしまったときのあのセリフ。

 

実の娘に言うセリフではないです。

 

母である前に女なんでしょうかね。

 

とても衝撃的で残酷な出来事を描いた本作。

 

気になった方はぜひ手に取ってみてください。

 

養護施設を追われた少女を読んでみるならこちら

 

サイト内より【養護施設を追われた少女】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

深夜のダメ恋図鑑 転落女子地獄 蜘蛛の巣貧困