BLUE(漫画)のネタバレと最終回!無料試し読みや感想もあり


この記事は約 6 分で読めます。



千葉コズエ先生の作品のBLUE。

 

青い海に囲まれた島で育った
幼馴染みの美海、菫、ヒカリ、陽介の4人組。

 

3年ぶりに島へ1人で帰郷した美海は
失恋の傷を引きずりながらも
一途に美海のことを思い続けていた
ヒカリと新しい恋をすることに!

 

だけど大切な人に本音を言えない
美海の抱える闇は想像以上に大きくて・・・?

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【BLUE】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

BLUEを無料で立ち読み

 

BLUEのあらすじは?

 

3年ぶりに東京から故郷の島へ1人で帰って来た
美海を出迎えてくれたのは幼馴染の3人組でした。

 

大人っぽくてカッコイイ陽介、ヤンチャで明るいヒカリ
紅一点の優しい菫。

 

そして珍しく島に遊びにきていたイルカたち。

 

イルカと一緒に泳ぎたくて海に潜った美海は
イルカたちに囲まれます。

 

一番傷ついている人のそばに寄ってくるイルカの習性は
島に住む人なら誰でも知っているため
美海は3人にはなぜ突然1人で島に戻ってきたのか
話さなくてはならないと考えていました。

 

陽介と菫は美海から打ち明けられるのを待つつもりでしたが
まっすぐな気質を持つヒカリだけは
心配のあまり傷ついている理由を聞き出そうとします。

 

3人の優しさに触れ美海は失恋して
心のバランスを崩したため帰ってきたことを説明。

 

BLUE
BLUE

 

ヒカリは撫ぜると願いが1つだけ叶うという
青い猫の話を持ち出し青い猫を見つけようと提案。

 

美海は青い猫を見つけたらこの島で次こそは
幸せになれる恋をしたいと思い
なんとその後、美海とヒカリの前に青い猫が――!

 

興奮したヒカリは昔から美海のことが好きだったと
そう告白しようとしますが
失恋の傷を引きずったままの美海は
ヒカリの話を最後まで聞かずに逃げようとして
携帯電話を落としまいます。

 

待ち受けになっていたのは元カレと一緒に撮った写真・・・
学校の先生と写っているものでした。

 

ヒカリはそれを見てしまい――!?

 

BLUEを読んでみる

 

サイト内より【BLUE】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

BLUEのネタバレとその後の展開は?

 

美海の元カレは学校の先生でした。

 

先生と恋人関係だったことがバレた美海は
先生に裏切られたせいで学校にいられなくなり
母親との関係も良くなかったため
島に1人で戻ってきたのです。

 

しかしヒカリの一途さに心を動かされて付き合うようになり
幸せだと感じるようになっていきます。

 

とはいえ菫がずっとヒカリに片思いしていることを知ってしまい
既婚者と不倫していた陽介も実は美海に
ずっと片思いだったことが明らかになり
幼馴染みの関係に一波乱巻き起こってしまうのでした。

 

そして一番の問題は美海がヒカリの前では本音を出せないこと。

 

BLUE
BLUE

 

大好きなヒカリには笑っていて欲しくて
本当に言うべきことを何1つ言えていなかったのです。

 

陽介には本音を言うことができ辛い時も察して
支えてくれることからヒカリと付き合い続けることに
不安を抱くようになっていきます。

 

それでも幼馴染みの絆は強くみんながお互いを
大切に思っていることもわかっているのでした。

 

美海は本音を言えないまま
ヒカリと付き合っていくことに限界を感じ
泣きながら両思いなのに別れる道を選びます。

 

ヒカリは必ず美海を支えられるような男になって迎えに行くと
そう約束するのですが菫がヒカリを庇って事故にあってしまい
責任感からできるだけ菫のそばにいるように・・・。

 

ヒカリと別れた美海に急接近する陽介・・・
4人の行く末はどこに向かって行くのでしょうか?

 

BLUEを試し読みしてみる

 

サイト内より【BLUE】と検索。

 

BLUEの感想は?

 

冒頭の爽やかなスタートから甘酸っぱい
青春ものだと思ったら予想を裏切られました。

 

美海の家庭事情が複雑なのにヒカリの真っ直すぎる
気質から出てくる発言にイライラ・・・。

 

ヒカリはプラス思考の塊なのか
美海の抱えている問題を楽観的に捉えすぎており
美海のお相手としては
イマイチ役不足な感じが否めませんでした。

 

BLUE
BLUE

 

陽介の方が大人だし美海の気持ちを
汲み取って支えているし魅力的・・・
なのにどうして美海はヒカリじゃなきゃ
ダメなんだろうとこれまたイライラ。

 

ヒカリが一途に美海を思い続けていたように
菫も一途にヒカリを思い続けており
しかも美海は三年間ヒカリと離れていたわけで
その間ヒカリのそばにずっといた菫の気持ちが
もう少し報われてほしかったです。

 

なんだか美海の気持ちもはっきりしなくて
イライラしながら最後まで読んでやっと気持ちが収まりました。

 

美海に必要だったのは前に進む勇気だったみたいです。

 

BLUEを読んでみるならこちら

 

サイト内より【BLUE】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。