みだらな熱帯魚のネタバレと感想!あらすじや試し読みについて

midarananettaigyo

この記事は約 7 分で読めます。



北川みゆき先生のみだらな熱帯魚。

 

出版社に務める海月愛梨は学生時代は水泳選手でした。

 

男性情報誌でバリバリ働いていましたが異動で女性誌へ動くことになり
そこには不定期でスポーツ選手にスポットを当てる特集があります。

 

それがきっかけで徐々に過去の自分と向き合うことになる恋と人生の物語です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【みだらな熱帯魚】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

みだらな熱帯魚を無料で立ち読み

 

みだらな熱帯魚のあらすじ!噂の敏腕編集者とは相性最悪

 

女性誌に異動が決まっている海月愛梨は男性誌最終日にプールでモデルの撮影でした。

 

そこで移動先の「プチマガ」には彼が行ってからプチマガの売上が
伸びたと噂される叶という敏腕記者がいると聞きます。

 

話が本題に入る前に撮影は終了。

 

撤収となったのでそれ以上噂の敏腕編集者の話を聞かずじまい。

 

みだらな熱帯魚
みだらな熱帯魚

 

戻る途中でタオルを忘れたことに気がついた愛梨は1人プールに戻りますが
そこでは早朝なのにすでに泳いでいる人が。

 

自分のタオルを取ろうとすると泳いでいる人と同じタオルを掴んでしまって
プールの中にどぼーんと落ちてしまいます。

 

抱き上げてくれたのはイケメンですが反射的にひっぱたいてしまい
久しぶりの恋の炎は立ち消え……に思われましたが彼が噂の叶雄星でした。

 

俺様でマイペースな叶に最初のときめきはどこへやら。

 

うんざりして反発ばかりする愛梨ですがやがて彼のことが分かるにつれ……?

 

みだらな熱帯魚を読んでみる

 

サイト内より【みだらな熱帯魚】と検索。

 

みだらな熱帯魚のネタバレ!相性最悪の彼は運命の人?

 

愛梨は男っ気ない女3人でルームシェアしています。

 

スイーツオタクの25歳の唯とアイドルおっかけの雛子29歳
そして愛梨は27歳は大学時代に知り合って意気投合した仲間です。

 

唯の両親が経営している喫茶店の2階に3人で住んでいます。

 

大学卒業後に出版社に就職した愛梨は入社5年の間ずっと男性誌で
ラーメン特集だなんだと色気ゼロのところで働いてきました。

 

異動先の「プチマガ」編集部に出勤初日
噂の敏腕編集者の叶の顔を見てびっくり。

 

先日プールに落ちたとき助けてもらったのに相手だったのです。

 

みだらな熱帯魚
みだらな熱帯魚

 

水着だったため勢いで平手打ちしてしまったため
叶には開口一番さんざん嫌味を言われます。

 

しかし編集長が愛梨と叶が知り合いなら愛梨には叶の補佐を頼むと
叶はずっと1人でやってきて「自分には補佐は不要」といいますが
実は事務能力はゼロに等しく周囲が迷惑していました。

 

結局、愛梨を補佐にすることになります。

 

愛梨は高校時代は水泳の選手でインターハイ予選で負けて
泣いていた愛梨に何も言わずにタオルを投げかけてくれたのは
昔なじみでフリーライターの圭だと思い込んでいます。

 

圭は自分ではないともちろん分かっていますが
愛梨を想う気持ちから誤解させたままにしてしまっていました。

 

一方、愛梨の新しい所属先の「プチマガ」には
スポーツ選手を取り扱う不定期の特集があります。

 

定期ではなくて不定期なのは敏腕記者と評判のはずの叶が
アポ取りに失敗するからと言われていますが
実は選手のコンディションを優先している叶の独断でした。

 

選手の突然の予定変更を叶が身を呈して庇っているのを知った愛梨は
徐々に叶を見直していきます。

 

そしてやってきた初めての特集の撮影。

 

今回は水泳選手でしたがそこで撮影対象だった選手が
愛梨の古傷の相手坂井選手でした。

 

小さいとき水泳教室でフォローした相手にインターハイで負けた愛梨。

 

小さい頃から毎日オリンピック選手になりたくて頑張ってきたのに
ずっと後から水泳を始めた子に負けた。

 

それが悔しくてすっかり泳ぐのはやめ今でも泳ぎません。

 

一方の叶は横浜体育大学の3年のときインターハイ当日に
不注意な自転車との接触事故に巻き込まれていました。

 

競泳界期待の選手とまで言われていた叶は
その事故の後遺症で今でも時々肩が上がらなくなります。

 

趣味で泳ぐ分には問題がありませんがスポーツ選手としては致命傷でした。

 

負けた悔しさから水泳を投げ出した愛梨は
叶から俺も自分の意思で辞めたかったと突き放されます。

 

そう言われて愛梨はやめてからはじめて水着でプールサイドに立ちました。

 

泳いであの頃の自分が守りたかったのがどれだけちっぽけな
自分だったか気がついたときプールサイドに現れた叶。

 

そのまま2人で昂ぶった感情をぶつけあって結ばれますが
それはあくまでセフレの域でした。

 

その後、圭からタオルは俺じゃないと告白された愛梨。

 

あのタオルは叶がくれたものだと知ります。

 

叶になぜ教えてくれなかったのかと尋ねるとタオルなんかのことで
運命だなんて言われると迷惑だと答えられ図星の愛梨。

 

しかし叶と接するうち運命なんか関係なく叶のことを
どんどん好きになり愛梨はそれを自分で受け入れます。

 

叶には受け入れて貰えないと思っていましたが恋愛の神社に取材に行った時
後から来た叶に「プライベート」のつもりで来たと言われてどういうつもりか混乱。

 

すると叶は初めて「好きだ」とまっすぐに気持ちを伝えてきたのでした。

 

みだらな熱帯魚を試し読みしてみる

 

サイト内より【みだらな熱帯魚】と検索。

 

みだらな熱帯魚の感想!恋と仕事と人生と

 

叶との恋愛とはまた別に愛梨が抱えていく沢山の痛みや過去の自分を乗り越えて
少しづつ成長していく姿はとての清々しいものがあると思います。

 

絵もきれいで特に水中の絵は眺めていても楽しいです。

 

みだらな熱帯魚
みだらな熱帯魚

 

愛梨と叶だけでなくて同居する唯や雛子それぞれの恋愛模様や心の傷も描かれていて
幾層にも折り重なった人の心がストーリーをより面白くしていると思います。

 

登場人物たちが痛みを超えて行く姿にたくさん励ましされるとてもいい作品だと思いました。

 

みだらな熱帯魚を試し読みするならこちら

 

サイト内より【みだらな熱帯魚】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態