緋い花のネタバレや結末に感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 9 分で読めます。



イオハラミア先生・原作、えびす華子先生・漫画の作品の緋い花。

 

優の彼氏がルームシェアしている部屋に
通ううちに芽生えた禁断の三角関係。

 

彼氏の浮気発覚や彼の親友からされる秘密のキス・・・。

 

2人の間で揺れる優が最終的に出した結論とは?

 

高まる気持ちを抑えられない切ないラブストーリー。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【緋い花】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

緋い花を無料で立ち読み

 

緋い花のあらすじは?

 

主人公の優は夏のビアガーデンのバイトで出会った
右典と付き合っています。

 

大学が違うためいつも一緒にいたい優は
右典の部屋に居つくようになります。

 

右典は高校からの友達である蓮希とルームシェアをしていて
優は蓮希とも仲良くしていました。

 

しかし初めて蓮希に紹介されたときこう言われるのです。

 

「合カギは知らないヤツには渡せない」

 

そのため半年たった今でも合カギをもらえていません。

 

ここは右典の部屋でありながら蓮希の部屋でもある――
若干寂しさを感じながらも蓮希の言い分も当然だと納得します。

 

緋い花
緋い花

 

右典がバイトに行き1人残された優が
シンクに溜まった皿を洗っていると
バイトを終えた蓮希が帰ってきます。

 

手伝いを申し出た蓮希にリビングの片づけをお願いした優は
ふと右典と蓮希の高校時代の同級生である
理央のことを思い出し蓮希に知っているか尋ねます。

 

優が理央と知り合ったのは
右典と付き合い始めて1ヵ月たった頃。

 

すぐに仲良くなり蓮希のことがずっと好きであることや
昔から近づきがたい雰囲気であることを教えてもらいます。

 

優は理央を部屋に呼んでもいいか蓮希に尋ねますが
蓮希は曖昧な返事を返すのみ・・・。

 

理央のことをボーっと考えていた優ですが
蓮希に肩をたたかれ理央のことはいったん置き
片付けも終わったのでビールで乾杯するのでした。

 

緋い花を読んでみる

 

サイト内より【緋い花】と検索。

 

緋い花のネタバレとその後の展開は?

 

優には右典に秘密にしていることがあります。

 

それは蓮希が酔ったときに毎回首筋にキスをしたり
後から抱きしめてきたりと絡んでくること。

 

けれども優はそうやって蓮希が
絡んでくることが分かっていても
一緒に飲むことがやめられません。

 

酔った時だけの悪い癖――
そう自分に言い聞かせてこの居心地の良い関係が
壊れないようにします。

 

そんなある日、右典の浮気が発覚。

 

最近態度が怪しかった右典が寝ている間に
優はこっそり携帯電話を見てしまいます。

 

そこには「和田さん」という人物からのメールが――。

 

優は相手を突き止めるため自分のアドレスを
アドレス変更のお知らせに見せかけて
登録するように相手に送るという大胆な行動に。

 

右典の浮気を知り元気のない優に蓮希は理由を聞かずに
慰めてくれたり気遣ったりと優しくしてくれます。

 

そして蓮希の行動はエスカレートしていき
酔っていないときにもキスを――・・・。

 

緋い花
緋い花

 

そんな蓮希に対して拒むことができない優の気持ちは
どんどん蓮希に傾いていきます。

 

そんなとき和田さんの正体が発覚!

 

それはなんと友達だと思っていた理央でした。

 

理央から話があると呼び出された優は
蓮希との関係を疑われます。

 

しかし右典と浮気していることを棚に上げる理央にキレた優は
右典ではなく自分がメール相手だということをバラします。

 

理央は右典が浮気していることを認めつつも
優がしていることは二股だと言い
優もけじめをつけることを決意します。

 

蓮希と優が惹かれあっていることに気付いた右典は
優をもう蓮希に会わせないため部屋に来ないように言いますが
優は右典に別れを告げるのでした。

 

右典と別れ2人の部屋から出た優は後日
置いてあった自分の荷物を引き取りに久々に部屋に。

 

そこで偶然、蓮希と再会しはっきり好きだと言われますが
蓮希と付き合う資格がないと思っている優は
右典と別れていることを教えないまま部屋を後にします。

 

自分で決めたことだとそう思っても
やっぱり辛い気持ちは溢れてきて
帰りながら優の目には涙があふれてきます。

 

涙を拭こうとティッシュを探すと鞄の中には
見慣れないカギが・・・。

 

それはあの部屋の合鍵でした。

 

蓮希の中でやっと自分が信用されるようになったと
そう分かったと同時に最後にかけられた言葉に
蓮希の優しさも伝わり優の涙は止まりません。

 

「右典と上手くやれよ」

 

あるとき参加した飲み会で蓮希と再会した優。

 

そこで右典と上手くやれているか問われた優は
とっさに上手くやれていると答えそれを聞いて蓮希は
完全に優のことは諦めると言います。

 

それを聞いた優は自分が望んだことなのに
絶望にも似た悲しさを覚え初めて覚え
自分が蓮希のことを諦められていないことを自覚。

 

優の誕生日に優が右典と別れたことを知った蓮希は
実家から優の元へ向かいます。

 

同じ頃、自宅で誕生日を祝っていた優の元に右典がやってきて
彼女ができたからもう連絡してくるな
優のことは完全に吹っ切れたと伝えに・・・。

 

しかしそれは嘘で優が蓮希のところに行きやすいようにという
右典の優しさだと気づいた優も蓮希の元へ向かいます。

 

駅で再会した蓮希に優はやっと自分の気持ちを伝え両想いに。
その後、蓮希と同棲を始めた優は
やっと2人の部屋の合鍵をもらえるのでした。

 

緋い花を試し読みしてみる

 

サイト内より【緋い花】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

緋い花の感想は?

 

いわゆる三角関係ものの作品で
右典と蓮希のそれぞれの性格がカッコいいんです。

 

蓮希は一見クールなのに優に対しては結構グイグイくる肉食系。

 

優が弱っているところでそんなに優しくされたら
優じゃなくても気持ちが傾いちゃいます。

 

右典は浮気をしちゃう最低なところがありつつも
本来は優しくて気遣いのできる性格。

 

優も最初はそこに惹かれて付き合います。

 

優が欲しがっているバッグを気付かれないように買って
サプライズでプレゼントしたり
酔って絡んでくる男からさりげなく守ったり・・・。

 

優が困っているとサッと助けてくれるところにはときめきます。

 

バイト先で酔ったお客さんの開放をテキパキとこなす姿も
頼れる感じでカッコいいです。

 

緋い花
緋い花

 

優と別れた後もちゃんと反省して
優のことを想う姿はどうしても憎めません。

 

そんな後味の悪さがないところも本作の良いところです。

 

そして主人公の優もすごくいい子に描かれていて
右典と別れたときも浮気のことは一切責めない感じで
なんとも器の広い主人公ですね。

 

こんなにいい子なら蓮希が惚れるのも分かります。

 

少しいい子すぎる気もしますけどね。(笑)

 

また本作には蓮希が家庭教師をしているリサちゃんや
その腹違いの弟である智紀も登場します。

 

この2人には結構複雑な事情がありますが
最終的にはそれも解決して優と仲良くしてくれます。

 

ドキドキするラブストーリーが読みたいという人にはピッタリの作品で
蓮希の行動にキュンキュンさせられっぱなしですよ。

 

緋い花を読んでみるならこちら

 

サイト内より【緋い花】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。